秋山竜次(ロバート)が演じる上杉みち ©テレビ東京

写真拡大

本日12月26日にテレビ東京系で放送される秋山竜次(ロバート)の主演ドラマ『黒い十人の秋山』に「上杉みちくん」が友情出演していることがわかった。

【動画と画像を見る(16枚)】

秋山扮するキャラクターの1人である上杉みちは、児童劇団えんきんほう所属の天才子役という設定。『ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル』にも登場している。

番組プロデューサーの濱谷晃一は上杉みちの出演について「番組の情報リリース時から、ネット上で『上杉みちくんにも出演してほしい!』という声を多数拝見しました。それを受けてダメ元でオファーしてみたところ、なんと快諾して頂けました。孤島で起きる殺人事件という本格ミステリー設定に、子役のみちくんがどんな役どころで出演するのか、ぜひご期待ください!」とコメントしている。

『黒い十人の秋山』は秋山竜次が10役を演じるミステリー。嵐の中、離島のホテルで起きた殺人事件を描く物語で、秋山が演じる10人全員が容疑者となる。共演者は仲里依紗、満島真之介、堀内敬子、山内圭哉、滝藤賢一ら。

劇中で秋山が演じているキャラクターは、世界的オペラ歌手・冴島響一郎、被害者の美人秘書・戻川茜、イカをモチーフに幻想的な絵を描く画家パトリック・ベイカー、声が大きく話が長い建設会社社長・神取忠、美容整形外科医・財津隆也、人の相談に乗りたがるサーファー・赤羽ヒデト、ピンクのファッションが好きなプロゴルファー・犬塚聡子、雑誌『PIN-PIN』専属モデルのリシエル、猫を飼う男・村田安夫、世界的トータルファッションアドバイザーでありデザイナーのYOKO FUCHIGAMI。

■濱谷晃一(テレビ東京)のコメント
ロバート秋山さんが1人10役を演じるという本ドラマ。番組の情報リリース時から、ネット上で『上杉みちくんにも出演してほしい!』という声を多数拝見しました。
それを受けてダメ元でオファーしてみたところ、なんと快諾して頂けました。
孤島で起きる殺人事件という本格ミステリー設定に、子役のみちくんがどんな役どころで出演するのか、ぜひご期待ください!
そして、つい先日、作品が完成したのですが、1人10役なのに、本気でサスペンスドラマになっていて思わず笑ってしまいました。しかも、ドラマ終盤では本当に10人のキャラクターが自然に存在しており、物語に感動している自分がいました。斬新過ぎてなんというジャンルなのかよくわかりませんが、他では見られないことは確かなので、ぜひご覧頂きたいです!