セビージャを去ることとなったエドゥアルド・ベリッソ

写真拡大

セビージャは23日、成績不振により監督エドゥアルド・ベリッソを解任したことを発表した。ベリッソは前立腺がんの手術から復帰してたった数週間で解任されたことになる。

セビージャは「クリスマス休暇明けから、後任監督との交渉を始めたい」と公式に声明を出した。

ベリッソは今年6月からセビージャを指揮しており、現在リーグでは5位につけている。
そして、チャンピオンズリーグではベスト16に残っていた。ただ、公式戦はここ4試合2分け2敗と勝ちがなく、直近のレアル・ソシエダ戦は1-3と完敗した。

また次の監督候補として、前FCバルセロナ監督のルイス・エンリケとの声が上がっている。