内紛の結末やいかに(時事通信フォト)

写真拡大

 例年、大相撲九州場所では一門ごとに親方衆が顔を揃える「一門会」が開かれる。八角理事長(元横綱・北勝海)らが所属する高砂一門は、会場の手配担当だった振分親方(元小結・高見盛)が店の予約を忘れて場所中の11月20日に開催できなくなったという椿事に見舞われたが、どこの一門会も年明けの初場所後に迫る協会の「理事選」のために候補を絞る作業をすすめるはずだった。ところが、今回は場所中に元横綱・日馬富士の暴行事件が発覚し、どの一門も候補を絞れない異常事態に陥っている。

「さらに、身勝手な振る舞いばかり目立つ横綱・白鵬を頂点とするモンゴル勢のグループが、とくに伊勢ヶ濱一門内で存在感を際立たせている。日馬富士の師匠である伊勢ヶ濱親方(元横綱・旭富士)は、前回理事選では貴乃花グループからの票で理事になったものの、当選すると、“自分は一門の代表だ”と執行部側に接近。貴乃花親方とは“水と油”になった」(担当記者)

 ただ、その伊勢ヶ濱一門でさえ「貴乃花親方に近いとされる浅香山親方(元大関・魁皇)や二所ノ関一門から移籍した朝日山親方(元関脇・琴錦)、前回落選した高島親方(元関脇・高望山)がいて、伊勢ヶ濱親方に一本化は難しい」(別の協会関係者)という。

◆最大派閥が分裂

 理事4人を輩出する出羽海一門も、一門会で理事候補を決められなかった。

「一門の約30票だけでは、4理事を維持できない。山響親方(元前頭・巌雄)や玉ノ井親方(元大関・栃東)ら貴乃花親方に近い親方衆は調整に応じるはずがない。

 そもそも理事長の足元である高砂一門の八角部屋でさえ、部屋付きの陣幕親方(元前頭・富士乃真)の長女が、貴乃花親方の長男・優一君と結婚していたことが明らかになるなど、どう票が動くか分からない。まさかの“理事長落選”だってある」(後援会関係者)

 残る時津風一門には、協会執行部を代表して貴乃花部屋を訪問しては門前払いされている鏡山危機管理部長(元関脇・多賀竜)がいる一方、貴乃花親方に近い勢力もあって分裂状態だ。

「2016年暮れの貴乃花グループの忘年会で、土産用に作られた親方衆11人の“女装カレンダー”の存在が明るみに出ました。奇抜な格好ばかり話題になったが、あれはあくまで内々の余興。むしろ驚くべきはそのメンバー。貴乃花一門だけでなく、時津風・出羽海一門の親方衆が写っていた。支持は一門を超えて広がっている証左」(前出の担当記者)

 もちろん、暴行を受けた貴ノ岩への聞き取りを貴乃花親方が頑なに拒否していることに不安を抱いたり、背後に黒幕がいるのではないかと疑う若手親方もいる。ただし、「横綱・白鵬の不遜な態度に何もできない執行部への反発も広がっている。今回はかつてなく票読みが難しい」(同前)のだ。

 相撲協会の未来は、その結果によって大きく左右される。

※週刊ポスト2018年1月1・5日号