京都国際マンガミュージアムで原画'展「幻想と日常の間〜西谷祥子・おおやちき・波津彬子〜」

写真拡大

原画'(ダッシュ)展示シリーズ「幻想と日常の間〜西谷祥子・おおやちき・波津彬子〜」が、2018年2月1日(木)から5月27日(日)まで京都国際マンガミュージアムにて開催される。

「原画'(ダッシュ)」とは、劣化しやすいマンガ原稿の保存と公開を両立させるため開発された精巧な複製原画の事。コンピューターにマンガ原稿を取り込み、緻密に色調整を施し印刷されている。原画の細部まで再現し、原画と並べても見分けがつかないほどの精度を持つ。

「幻想と日常の間〜西谷祥子・おおやちき・波津彬子〜」では、『風と木の詩』や『地球へ・・・』の作者 竹宮惠子監修のもと、自身含む少女マンガ家4名の複製原画「原画'(ダッシュ)」を展示する。

学園マンガの先駆者ともいわれた西谷祥子、マンガ家とイラストレーターで活躍してきたおおやちき、和漢洋様々な世界を描いた波津彬子、さらに萩尾望都らとともに「花の24年組」といわれ、少女マンガの常識を覆した竹宮惠子。彼女たちの繊細で美しい作品の数々が一堂に集結する貴重な機会となっている。

また関連イベントには、出展作家の波津彬子と竹宮惠子、男性同士の恋愛など、耽美的なテーマを扱った、かつての伝説的雑誌『JUNE(ジュネ)』の元編集長 佐川俊彦のトークショーが行われる。今でこそ1つのジャンルとして扱われる"ボーイズラブ"や"やおい"が確立する前の、当時の状況について作者と編集者などそれぞれの視点で語られる。

【詳細】
原画'展示シリーズ「幻想と日常の間〜西谷祥子・おおやちき・波津彬子〜」
会期:2018年2月1日(木)〜5月27日(日)
営業時間:10:00〜18:00(最終入館は17:30)
休館日:毎週水曜日(ただし3月21日(水・祝)と5月2日(水)は開館)、3月22日(木)
会場:京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー1・2
料金:無料(マンガミュージアム入場料[大人800円/中高生300円/小学生100円]は別途必要)
住所:京都市中京区烏丸通御池上ル
展示内容:各作家の原画'作品85点(西谷祥子31点/おおやちき13点/波津彬子31点/竹宮惠子10点)その他雑誌など
関連イベント:
■第一部 波津彬子トークショー「波津彬子、イギリスに行く」
■第二部 波津彬子×佐川俊彦×竹宮惠子トークショー「『JUNE』からやおいまで」
日時:2018年5月20日(日) 第一部:13:00〜14:00 第二部:14:15〜16:00
場所:京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
料金:無料(ミュージアム入館料は別途必要)
定員:各200名(先着順)
参加方法:事前申込不要
※当日10:00からミュージアム館内にて整理券を配布


[写真付きで読む]京都国際マンガミュージアムで原画'展「幻想と日常の間〜西谷祥子・おおやちき・波津彬子〜」

外部サイト

  • 漫画と音楽コラボコンサート『岩代太郎×浦沢直樹 マンガシンフォニー「〇」』 手塚治虫アニメの名曲
  • 現代スニーカーシーンを網羅、書籍『SNEAKERS』エア マックスデザイナーら59名の“証言”を収録
  • USJ 18年注目アトラクション - 名探偵コナン、セーラームーン、FF、モンハンの世界を体験