過去10年の有馬記念(中山・芝2500m)において、牝馬は2勝。連対については、その2勝を含めて5回ある。

 ダイワスカーレットが、37年ぶりに牝馬による有馬記念制覇を果たしたのが2008年。それまでは、消耗戦になりやすい有馬記念は「基礎体力で劣る牝馬には不利」と言われてきたが、そんな”常識”は今の競馬では通用しない。

 全体の出走頭数が牡馬に比べて圧倒的に少ないことを考えれば、ここ10年間で5連対という成績は、まさに近代競馬においては、牝馬が牡馬とも互角に戦えるようになったことを示している。

 そして今年も、有馬記念(12月24日)には4頭の牝馬がエントリーしている。

 なかでも、能力と実績で一枚抜けているのが、一昨年の二冠馬(オークス、秋華賞)ミッキークイーンだろう。


有馬記念でミッキークイーンの一発はあるか

 5歳となった今年も、GI宝塚記念(6月25日/阪神・芝2200m)とGIエリザベス女王杯(11月12日/京都・芝2200m)でそれぞれ3着と好走し、一線級と呼ぶにふさわしい結果を残している。

 ローテーション的にも、この秋はエリザベス女王杯を一戦したのみ。秋のGI戦を使い続けている馬と比べると、かなりフレッシュな状態にあり、今回はエリザベス女王杯でひと叩きした分の上積みも見込める。

 同馬が、キタサンブラック(牡5歳)をはじめ、牡馬トップレベルの馬たちにひと泡ふかせるシーンがあってもおかしくない。

 ところが、栗東の競馬関係者たちに取材をしてみると、ミッキークイーンの評価は思ったほど高くはない。ある関係者が言う。

「ここ2戦、GIで連続して3着に来ているのだから、力があることは認めています。ただ、それ以上となると、どうでしょう。この馬が勝つ、というイメージまではわきません」

 ミッキークイーンは、スピード、瞬発力、持続力、そして精神力、それらのどれをとっても一級品ではあるが、「これがズバ抜けてすごい」というものはない。いわゆる”パンチ力に欠ける”わけで、それゆえ、有馬記念のような大レースを勝つイメージがわかないのだという。

 実は、ミッキークイーンには勝負どころで”おかれる”、要するに騎手のゴーサインにスッと反応できないという弱点がある。

 古馬になって8戦して1勝しかできていないのも、それが大きな要因のひとつ。いつもいい脚で追い込んではくるのだが、勝負どころで”おかれる”分、2着、3着にとどまってしまうことが多いのだ。

 その理由について、関西の競馬専門紙記者はこう推測する。

「この馬は過去に2度、左前脚の故障で数カ月の休養を余儀なくされています。特に昨年、最初に発症したときの症状が重くて、調教師が『(あのときは)引退も覚悟した』とまで言っています。

 そして、今年もまた同じ箇所をやってしまいました。だから、稽古も坂路でしかできなくて、常に脚もとに不安を抱えながらレースで走っているわけですよ。

 勝負どころで”おかれる”というのも、そうせざるを得ないんじゃないですかね。そこでハードに仕掛けようとすれば、また故障してしまうんじゃないか、という不安を抱えている。そんな気がします」

 ミッキークイーンはテンに速い脚がないため、道中でなかなかいい位置を取れない。しかも、後方からの仕掛けにおいては、いつも他馬より一歩遅れてしまう。結果として、最後の直線は馬群の外からしか追い込めない。

 翻(ひるがえ)って、有馬記念の舞台となる中山コースは小回りで先行有利。そのうえ、器用さが求められ、追い込むにしても、直線を迎えたときにはある程度の位置にいなければ勝機はないとされている。

 ミッキークイーンと有馬記念のプロフィールは、まったくかみ合わない。いわば、水と油のような関係である。これでは、どう考えても勝ち目がない。

 だが、先の専門紙記者は「それでも可能性はゼロではない」という。

「勝負どころの仕掛けが、私が思っているような故障のせいで、そのためにハードに仕掛けることを求められず、ゆえに”おかれる”のだとすれば、ミッキークイーンにはもう一段上のギアが隠されている可能性があります。

 そもそも、牝馬でこれだけ実績のある馬が、脚もとに不安を抱えながら、今なお走り続けているというのが不思議。とっくに繁殖にあがっていてもいいはずです。にもかかわらず走り続けているのは、走りにもっと上の期待があるからじゃないですか。

 今回、隠された”もう一段上のギア”が入って、もっと上にある期待の走りができれば、想像もつかないような大駆けがあってもおかしくありません」

 ミッキークイーンが秘めているかもしれない”もう一段上のギア”。それは、本当にあるのか。あるいは、単なる空想なのか――。 時として見られる有馬記念の”ミラクル”を信じるなら、この馬は買い、である。

◆有馬記念が有終の「キタサンブラック祭り」になる、これだけの根拠>>

◆手前を替えろ、スワーヴリチャード! そうすれば有馬記念で古馬に勝てる>>

■競馬 記事一覧>>