ドナルド・トランプ(Donald Trump)、メラニア・トランプ(Melania Trump) photo : Getty Images

就任以来、支持率が低迷し続けているドナルド・トランプ大統領。なんとここにきてメラニア・トランプ大統領夫人の支持率が急上昇していることが明らかに。

先週、アメリカの調査会社ギャラップは世論調査の結果を発表。なんとメラニア・トランプ大統領夫人の支持率が17ポイントも急上昇! トランプ政権発足当時の支持率は37%だったのに、現在は54%になっていることがわかった。また不支持率も政権発足当時の37%から33%に下がっている。

ちなみにドナルド・トランプ大統領の不支持率は相変わらず。発足当時の55%から56%に1ポイントアップ。また、支持率も最新の調査では35%と低迷中。

とはいえ、これはメラニア夫人が特別というわけではなさそう。ギャラップによると「大統領夫人が大統領よりも人気があるのは近年よくあること」。同社は「それは大統領夫人の役割がもっと儀式的で、大統領の役目よりも対立を生みにくいから」だと分析している。「平均でミシェル・オバマ夫人は12ポイント、ローラ・ブッシュ夫人は17ポイント、それぞれ夫の支持率を上回っていた」と同社。

メラニア・トランプ(Melania Trump) photo : Getty Images

ホワイトハウスになかなか引っ越してこなかったり、ハリケーンの被災地にピンヒールで出かけたりして非難を浴びていたメラニア夫人だけれど、どうやら1年の成果は上々のよう。でも安心するのはまだ早い! 政権発足1年目の支持率はミシェル・オバマ夫人が61%、ローラ・ブッシュ夫人が77%、ヒラリー・クリントン夫人が58%と軒並みメラニア夫人より高め。

間もなく誕生1周年を迎えるトランプ政権。今年は大統領夫妻や娘のイヴァンカ・トランプなど政府関係者がたくさんの事件を起こしてくれた。来年はどんな騒ぎを巻き起こし国民がどんな評価を下すのか、引き続き要注目。

text: Yoko Nagasaka