アンバー・タンブリン(Amber Tamblyn)、ローズ・マッゴーワン(Rose McGowan) photo : Getty Images

ゴールデングローブ賞の授賞式での“無言の抗議”をめぐってメリル・ストリープを非難していたローズ・マッゴーワン。これまで彼女を応援してきたアンバー・タンブリンも反応を示している。

メリル・ストリープたち30名程度の女優たちがゴールデングローブ賞の授賞式に黒いドレスを着て出席することでセクハラに対して無言の抗議をしようと考えているという報道が先週流れたばかり。メリルに対してローズ・マッゴーワンは「あなたの偽善を軽蔑する。あなたたちはみんな『マルケーザ』を着るべきね」とツイート。セクハラが告発されたハーヴェイ・ワインスタインの妻、ジョージーナ・チャップマンのブランド「マルケーザ」まで持ち出して、メリルを非難していた。

このローズのツイートに女優のアンバー・タンブリンが反応! アンバーはハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ行為を告発したローズを応援してきたけれど、今度は賛成できないみたい。「ローズは友達だし彼女の運動を支援してきたけれど、私は何か変化を生み出そうとしている他の女性の運動を侮辱したり馬鹿にしたりする女性も(男性も)支持しない。みんなに『マルケーザ』を着ろって言うなんて。ローズ、それはあなたらしくないわ」と静かに、でもしっかり抗議している。

メリル・ストリープ(Meryl Streep) photo : Getty Images

ちなみにローズの非難に対してはメリルも声明を発表。「この週末、大々的な報道の中でローズ・マッゴーワンに攻撃されるのはつらいことでした。でもローズにわかってほしいのは、ワインスタインがローズに暴行した90年代も、他の人に暴行していたその後の期間も私は彼の犯罪を知らなかったということです」「私は意図的に沈黙していたわけではありません。知らなかったのです」と説明している。

「みんなが沈黙していたのが問題」というローズと「どんな行動でも行動する人を評価する」というアンバー。ハリウッドの女性たちの意見も分かれそう。これから女優たちがどんな形で連帯していくのか、注目したい。

text: Yoko Nagasaka