南米先住民の「戦士の干し首」が100年ぶりに返還 バチカン美術館

ざっくり言うと

  • 南米先住民の戦士の干し首がおよそ100年ぶりにエクアドル政府に返還された
  • 世界最大級の品を収蔵するバチカン美術館が歴史的なものを返却するのは異例
  • 干し首は同国中部クエンカにある民俗学専門の博物館に譲渡される予定という

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x