今年も残すところ、中央のGIレースはあと3戦。12月17日には2歳GIの朝日杯フューチュリティS(阪神・芝1600m)が行なわれる。今年から、同じ2歳戦のホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)がGIに格上げになったものの、顔ぶれが手薄になることなく、GIに相応しい好メンバーがそろった。

 ただ「例年とは異なる点がある」と、日刊スポーツの松田直樹記者が言う。

「今年はホープフルSがGIに昇格したことで、陣営の、それぞれのレースに向けた管理馬の起用法が明確に分かれたように思います。というのも、ホープフルSに向かう馬に比べると、朝日杯FSに挑んできた馬は、短距離志向、もしくは完全にマイラーといったタイプが明らかに多く、来年のNHKマイルC(東京・芝1600m)あたりを見据えた馬たちが出走してきた印象が強いからです。実際、芝の1600mよりも長い距離で勝ち鞍がある馬の登録は4頭(出走は3頭)のみ。阪神移設後の2014年以降では、最少頭数です。

 そうした状況を踏まえてレース展開を考えてみると、例年以上に速い流れでレースが進む可能性が高いです。GIII函館2歳S(7月23日/函館・芝1200m)の勝ち馬カシアスや、GIII小倉2歳S(9月3日/小倉・芝1200m)を制したアサクサゲンキなど、短距離重賞馬もこぞって名を連ねているので、なおさらでしょう。

 牝馬限定の阪神ジュベナイルフィリーズを含めて、阪神開催の2歳GIは2012年以降の9鞍中、8回はメンバー3位以内の上がりタイムを記録した馬が優勝しています。朝日杯FSに限れば、3年連続でメンバー2位以内の末脚を使った馬が戴冠。そうした傾向が一層強まりそうな今回は、最後まで脚を温存できる競馬センスと脚力が、より問われるのではないでしょうか」

 ハイペース必至の今年の朝日杯FS。それにより、松田記者は何頭かの人気馬を不安視する。

「でれきば、先週の阪神JFで優勝したラッキーライラック(牝2歳)のような、流れに乗れて、終(しま)いもしっかり脚を使える馬を狙いたい。今回、それに該当するのは、ステルヴィオあたりでしょうが、同馬はレースのたびにゲート難を見せている点が割り引き。4戦3勝のタワーオブロンドンも前例に近いタイプと言えますが、体型や調整過程を見る限り、マイルへの距離延長に一抹の不安を感じます」

 デイリー馬三郎の木村拓人記者は、別の人気馬について疑問を呈する。

「2戦2勝のダノンプレミアムです。前走のGIIIサウジアラビアロイヤルC(10月7日/東京・芝1600m)で見せた競馬は、素質の高さをうかがわせ、かなり強かったと思います。しかし、同馬はまだまだ未完成という印象。それでいて、あまりにもすんなり”走りすぎた”レースだったので、その反動が怖いです」

 ステルヴィオ、タワーオブロンドン、ダノンプレミアムの3頭は上位人気が予想されるが、それぞれ不安材料があるようだ。そうなると一気に波乱ムードが漂うが、人気馬に代わって台頭するのはどういった馬なのか。木村記者は、ダノンプレミアムとは別のディープインパクト産駒の名前を挙げた。



ケイアイノーテックが朝日杯FSで波乱を起こすか

「ケイアイノーテックです。前走のGIIデイリー杯2歳S(3着。11月11日/京都・芝1600m)は、およそ5カ月ぶりの競馬。直線で伸び切らない面がありましたが、内容自体は悪いものではありませんでした。

 いわゆるディープインパクト産駒っぽい馬体ではなく、ダートの短距離馬だった母(ケイアイガーベラ)の特徴が入ったトモ(後肢)が発達した体型。将来的に距離適性はもう少し短くなるかもしれませんが、現時点では1600mも問題ないでしょう。ポテンシャルの高さから、一度叩いた今回は巻き返しが期待できます」

 ケイアイノーテックについては、関西デイリースポーツの大西修平記者も推奨する。

「まだ1勝馬ですが、侮れない存在です。約5カ月ぶりの実戦となったデイリー杯2歳Sでは、GIII新潟2歳S(8月27日/新潟・芝1600m)の覇者フロンティアに先着して3着と奮闘しました。勝負どころでエンジンのかかりが遅く見えたのは、休み明けの分でしょう。

 22kg増の馬体が示すとおり、たくましさが増して、走りがよりパワフルになりました。ひと叩きされて、今回はさらに動けそうです。母はダートで活躍したケイアイガーベラですが、父がディープインパクトで走りに芝向きの軽さを感じます。センスのよさと切れ味鋭い末脚は、世代屈指。実績では人気上位馬に見劣りしますが、GIでも十分に勝負になる器だと思います」

 松田記者は、タワーオブロンドンと2頭出しとなる藤沢和雄厩舎の人気薄のほう、ファストアプローチを推す。

「GIII札幌2歳S(9月2日/札幌・芝1800m)、オープン特別の芙蓉S(9月24日/中山・芝2000m)と、勝ち馬にわずかに差される形で連続2着に屈しましたが、前走の芙蓉Sで、阪神のマイルGIで必須とされる上がり勝負にも対応できた点は収穫でした。父ドーンアプローチは、7戦無敗で英2000ギニー(英国・芝1マイル)を優勝。マイル以下のGIを4勝しており、その血を受け継ぐ同馬は距離短縮がプラスに出る公算も大きいです。

 1週前の時点で藤沢和調教師も、『ここ2戦の結果から、1600mくらいの距離がベストと判断した』と、巻き返しに意欲を見せていました。出遅れ気味で勝利した未勝利戦(8月6日/札幌・芝1500m)では、1500mの競馬でもうまく流れに乗っていました。マイル戦をこなす下地は十分にあります」 比較的堅い決着に収まった牝馬の2歳GIと違って、こちらは大波乱があってもおかしくない。寒波を吹き飛ばすような、激アツの穴馬が突っ込んでくることを期待したい。

◆朝日杯FS「過去3年の超穴馬」と同じパターンの3頭が発見された>>

◆これはすごい状況だ! 逸材だらけの2歳牡馬「最新ランキング」>>

■競馬 記事一覧>>