提供:リアルライブ

写真拡大

【今週デビューの注目馬】

☆カンタービレ

 2017年12月16日(土)阪神第5R芝1600m戦に出走予定のカンタービレ。馬名の由来は「歌うように(音楽用語)」。牝、鹿毛、2015年3月6日生。栗東・角居勝彦厩舎。父ディープインパクト、母シャンロッサ、母父Galileo。生産は浦河町・三嶋牧場、馬主は石川達絵氏。近親には仏ダービー馬・Polytainがいる。トモはまだ薄く小柄だが、肩や胸前には上質な筋肉がしっかりと付いている。繋ぎ、肩の角度のバランスが良く、ディープインパクト産駒の牝馬特有のキレがありそうな後躯の持ち主。距離はマイルあたりが良さそうだ。なお、鞍上にはM・デムーロ騎手を予定している。

☆ムーランジュビリー

 2017年12月16日(土)中山第5R芝1800m戦に出走予定のムーランジュビリー。馬名の由来は「ハイブリッドティー系統のバラの名前。母名より連想」。牝、黒鹿毛、2015年5月3日生。美浦・中川公成厩舎。父ハーツクライ、母エレンウィルモット、母父ブライアンズタイム。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主はキャロットファーム。愛馬会法人・キャロットクラブの募集馬で総額2000万円。叔父には第80回日本ダービー馬・キズナ(父ディープインパクト)がおり、伯母にはGI3勝馬・ファレノプシス(父ブライアンズタイム)がいる。本馬は均整の取れた好馬体の持ち主。胴伸びが良く2000m前後の距離が合いそうだが、それでいてトモの容積は2歳牝馬としてはなかなかのものがある。走りのバランスが良く、道悪馬場でもしっかりと走れそう。気性は非常に穏やかで、操縦性は高そうだ。なお、鞍上にはC・デムーロ騎手を予定している。

※出走予定競走には、馬の体調、抽選非当選により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。