アニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』様々な次元のスパイダーマンたちが共演

写真拡大

アニメーション映画『スパイダーマン:スパイダーバース』が、2019年3月8日(金)に日本公開される。

新スパイダーマンはアニメーション

『スパイダーマン:スパイダーバース』の主人公は、ニューヨーク・ブルックリンの少年マイルス・モラレス。スーツの上にパーカーとナイキのエアジョーダンを履き、フレッシュさあふれるマイルスは、ニューヨーク・ブルックリンの名門私立校に通う中学生だ。まだ 自分自身の力をうまくコントロールできない彼は、長年スパイダーマンと して活躍するピーター・パーカーを師とし、様々な壁にぶつかりながら一 人前のスパイダーマンとして成長していく。

様々な次元のスパイダーマンが共演?

原作となるのは、マーベル・コミックの漫画作品『スパイダーバース』だろう。同じキャラクターが別の次元で異なる形で存在する、“マルチバース”と言われる世界観が特徴のマーベル・コミック。本作ではこの設定を活かし、各種漫画版に加え、アニメ版やテレビドラマ版など、様々なスパイダーマンが次元を超えて夢の共演を果たすという内容になっている。

予告映像に映し出されているのは、二人のスパイダーマンが地下鉄のプラットフォームで話している様子。また、2018年7月にアメリカ・サンディエゴで行われた「コミコン」の会場にて披露された映像には、ニコラス・ケイジが声優を務めるスパイダーマン・ノワールや、ブタのスパイダーハムらが登場。それぞれ異なる能力や性格のスパイダーマンたちがどう物語に絡んでいくのか。本作最大のポイントとなりそうだ。

製作(プロデューサー)にフィル・ロード&クリス・ミラー

プロデューサーを務めるのは、フィル・ロード&クリス・ミラー。『LEGO ムービー』、『くもりときどきミートボール』などで知られる両氏は、映画「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ『ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の監督も務める予定だった新鋭の監督タッグだ。

作品情報

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』
日本公開日:2019年3月8日(金)
製作:アヴィ・アラド、フィル・ロード&クリストファー・ミラー
監督:ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン
脚本:フィル・ロード
原題:Spider-Man: Into The Spider-Verse

■前売り券情報
発売日:12月14日(金) ※取り扱い劇場の詳細は公式サイト参照
ムビチケカード価格:一般 1,400円(税込)/小人 900円(税込)
特典:缶バッジ ※数量限定 ※一部劇場を除く※キャラクターは選べない


[写真付きで読む]アニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』様々な次元のスパイダーマンたちが共演

外部サイト

  • ユニクロのTシャツ「UT」新作2019 - ディズニーやマーベルなどメンズ&ウィメンズ一挙紹介
  • 映画『キャプテン・マーベル』ブリー・ラーソン主演、記憶を失ったミステリアスな女性ヒーロー
  • 映画『アントマン&ワスプ』 “世界最小”ヒーロー再び、新キャラ・ワスプと共闘