「iPhone Xと「Face ID」の検証、天才が生んだ次世代AIまで──11月に最も読まれた10本のストーリー」の写真・リンク付きの記事はこちら

2017年11月に最も注目された出来事のひとつは、やはりアップル「iPhone X」(アイフォーン・テン)の発売だろう。国内でも11月3日に発売された新型iPhoneは、新しい顔認証システム「Face ID」が世界中のハッカーによる腕試しの対象になって話題を巻き起こした。

双子はもちろんのことだが、親に顔が似た子が認証されてしまったり、3Dプリンターで精巧につくられたマスクでもロック解除できてしまうことが判明。その利便性の反面、セキュリティ上の懸念が顕在化した1カ月だった。


関連記事:「Face ID」のハッキング合戦が注目された

「Face ID」vs ハリウッドの特殊メイク:本気の勝負の結果「Face ID」が、10歳の少年に破られた事件の顛末今度は3Dプリンター製の精巧なマスクが認証を突破

テスラが11月16日(米国時間)に発表した完全電動セミトレーラー(大型牽引トラック)[日本語版記事]と、スポーツカー「ロードスター」の新型[日本語版記事]も話題になった。このセミトレーラーを、マスクは2019年に製造開始すると断言したが、すでに電気自動車「モデル3」の生産遅延で消費者と投資家の期待を裏切っているマスク[日本語版記事]。その野望をどこまで現実のものにできるのか(そしてモデル3は日本にいつ上陸するのか)、今後も注目したい。

関連記事:テスラの電動トラックが普及すれば、「運転手の仕事」は本当になくなるのか?

ここからは、11月に「WIRED.jp」で公開された編集記事のなかから、最も読まれた10本をご紹介。iPhone Xの購入を考えている人は、レヴューの評価やFace IDの課題に関する記事を読んだうえで、熟考するといい。

iPhone Xはクールだが、いま買わなくてもいい:『WIRED』US版レヴュー

アップルの「iPhone X」が11月3日に発売された。消えたホームボタンの代わりに顔認証が導入され、有機ELを採用したスクリーンや拡張現実(AR)への対応など、見るべき進化は多い。果たして、これは買うに相応しいデヴァイスなのか。『WIRED』US版が徹底検証した。>>記事全文を読む

PHOTOGRAPH COURTESY OF APPLE

グーグルの天才AI研究者、ニューラルネットワークを超える「カプセルネットワーク」を発表

ヒトの脳を模し、人工知能の学習能力を形成する基盤となるニューラルネットワーク。その欠点を補い、自己学習能力をさらに高める「カプセルネットワーク」を、その分野の第一人者でグーグルの研究員でもある69歳のジェフ・ヒントンが発表した。その新たな概念とは。>>記事全文を読む

IMAGE: GETTY IMAGES

キアヌ・リーヴス、開発を手がけた「超高級モーターサイクル」3機種を発表──その意気込みと開発の舞台裏

俳優キアヌ・リーヴスの新しい“冒険”は、自ら企画開発を手がけたモーターサイクルの新モデル発表だった。「金もちで違いのわかるライダー」向けの高級バイクはいかに誕生したのか、リーヴスに訊いた。>>記事全文を読む

世界最大の“農業マフィア”が隠したい真実──除草剤の欠点を指摘した研究者たちを口封じか

巨大バイオ企業、モンサント。同社が売り出す除草剤の「影響」に対して追及の声を上げた研究者が、賞賛どころか、苛烈な非難の声にさらされている。さらには、当局や除草剤を使用する農家との間での対立構造も深刻化しているという。>>記事全文を読む

PHOTO: GETTY IMAGES

ヴィルヌーヴ&ゴズリング、よくやった!『2049』は『ブレードランナー』を引き継ぎ、そして超えた:池田純一レビュー

『ブレードランナー 2049』は、1982年に公開されたオリジナル版の解釈を大きく変えてしまうかもしれない。『メッセージ』で知られる監督ドゥニ・ヴィルヌーヴの試みとライアン・ゴズリングの名演、ブレードランナーの歴史と背景、そして作品に秘められたモチーフの謎をデザインシンカー・池田純一が読み解く。>>記事全文を読む

© 2017 Alcon Entertainment, LLC All Rights Reserved.

【ネタバレあり】『ブレードランナー 2049』が、驚くほど寂しい全米デビューだった理由

『ブレードランナー2049』は鳴り物入りで10月初旬に全米公開されたが、その週末の全米興行収入は、予想に1,000万ドル以上も届かなかった。その“敗因”はいったい何だったのか──。映画に詳しい『WIRED』US版の記者2人が分析した。>>記事全文を読む

IMAGE COURTESY OF WARNER BROS.

「インスタ映え」する美術展が増殖中──Instagram時代に変容する「新しいアートのかたち」が見えた

Instagramの撮影にぴったりな空間が提供され、誰でも自由に写真を撮影できる「アートな展覧会」が米国各地で人気だ。人々が殺到する一方で、「これはアートなのか?」という異論も沸騰している。キラキラした「インスタ映え」する空間の数々を通じて、いまの時代ならではのアートのかたちを考える。>>記事全文を読む

iPhone Xの「Face ID」が、10歳の少年に破られた──母親の顔認証がロック解除された“事件”の真相

ニューヨークに住む10歳の少年が、親のiPhone Xの顔認証「Face ID」を偶然にも解除できてしまった。双子でもないのに顔認証を解除できるという不測の事態は、いったいなぜ起きたのか。『WIRED』US版は家族に依頼して、“問題”の再現まで試みた。その衝撃的な結果とは──。>>記事全文を読む

IMAGE: BERSONNE/GETTY IMAGES

テスラ、新型「ロードスター」を発表──イーロン・マスクが考える「次世代スポーツカー」の姿が明らかに

テスラが電気自動車(EV)のスポーツカー「ロードスター」の新型を発表した。イーロン・マスクによると「ものすごい」スペックで、なんと平均的なF1カーよりも速いのだという。それでいて実用性も兼ね備えたというスーパースポーツEVの姿に迫った。>>記事全文を読む

PHOTOGRAPH COURTESY OF TESLA

タコも「街」をつくることが判明──米研究チームが発見した「オクトランティス」の秘密

タコは単独で行動すると考えられてきたが、貝殻を集めて山を築き、それを数世代続く「アパート」にしていることがオーストラリア沖で確認された。しかもそのアパートが集まって、小さな村のようなコミュニティをつくっていたのだ。>>記事全文を読む

RELATED

『ブレードランナー 2049』、もはや安全ではないWi-Fiへの対策──10月に最も読まれた10本のストーリー