日本における香港国際競走の馬券発売も2年目となる。どうしても心情的なものや情報量の多さから日本馬の”応援馬券”に流れがちだが、昨年も香港スプリントでビッグアーサーやレッドファルクスが過剰人気となり、地元の実績馬同士の決着でありながら”意外な”高配当となった。その教訓を生かし、冷静に出走馬を検証しながら穴馬を探したい。


香港ヴァーズに出走するゴールドマウント

 まず、香港ヴァーズ(シャティン・芝2400m)。一昨年の勝ち馬で、このレースで引退となるアイルランドのハイランドリール(牡5歳/父ガリレオ)が人気の中心となりそうだが、これには無理に逆らう必要はなさそうだ。昨年もサトノクラウンに敗れはしたが、3着以降は完全に突き放していた。今年も成績そのものに物足りない面はあるが、例えば、2走前の英チャンピオンS(10月21日/アスコット・芝1993m)も、柔らかい馬場を嫌って終始外ラチ沿いを走り、最後の直線も一旦は置かれ気味になりながら、最後はファイトバックしての3着だった。得意のシャティン、しかも良馬場ならば、普通に回ってきて、普通に勝つだろう。

 日本のオッズではキセキ(牡3歳/父ルーラーシップ)とトーセンバジル(牡5歳/父ハービンジャー)の日本の2頭がこれに続くと予想する。キセキに関しては皮膚病の報道はあったが、調教そのものは休ませておらず、香港入りしてからもしっかりと調整された。レイデオロを物差しに考えても、軽視はできない。しかし、トーセンバジルはどうか。ここまで順調に使えなかったとはいえ重賞未勝利。騎乗するジョアン・モレイラ騎手は実際に追い切りにも乗ったうえで「上位4頭には入れないとしたら、逆に驚き」と手放しで高評価を与えているが、ここは過剰人気になると予想する。

 むしろ、ティベリアン(牡5歳/父ティベリウスカエサル)は、鞍上のオリビエ・ペリエが日本でも知名度が高いため人気が読めない部分もあるが、もしGI実績ということで評価を落とすようであれば、ここは狙ってみたい。香港ヴァーズはフランス調教馬がとにかく好相性。また、前走でハイランドリールを破って評価の高いタリスマニック(牡4歳/父メダリアドーロ)を、地元フランスで2度下している。

 さらにもう1頭、地元香港のゴールドマウント(せん4歳/父エクセレントハート)を挙げておきたい。実績では同じ香港のイーグルウェイ(せん5歳/父モアザンレディ)に劣るが、そのイーグルウェイは中間に一頓挫あったし、ゴールドマウントの前走4着は道中で不利を受けてのもので、最後の伸びはこの距離で一発を匂わせるものがあった。

 香港スプリント(芝1200m)は、毎年そうであるように、今年も香港調教馬の牙城が固い。日本の2頭、レッツゴードンキ(牝5歳/父キングカメハメハ)、ワンスインナムーン(牝4歳/父アドマイヤムーン)もここでは伏兵どまりの評価が妥当だろう。

 このレースでひとつポイントとなるのは、地元馬たちの評価の序列である。目下重賞2連勝でレーティングもトップのミスタースタニング(せん5歳/父エクシードアンドエクセル)が1番人気となるようであれば、疑ってみてもいいだろう。安定感でいえば、ラッキーバブルス(せん6歳/父シーブリング)の方が上。前走の9着惨敗は不利を受けて無理に追わなかったことによるもの。スムーズな競馬ができれば、あっさりもある。さらにスプリンターズS(10月1日/中山・芝1200m)で来日したブリザード(せん6歳/父スタークラフト)も鋭い決め手があり、一発を秘める。

 もう1頭、穴馬に入れておきたいのがフランスのサインズオブブレッシング(せん6歳/父インヴィンシブルスピリット)。昨年のこのレースでは不利とされる外枠からの発走ながら、直線だけで猛チャージを見せて5着と健闘した。今年は5番枠。スムーズならば、去年以上の着順があるかもしれない。

 香港マイル(芝1600m)は、地元香港での評価は上がり馬シーズンズブルーム(せん5歳/父キャプテンソニャドール)に集まっている。日本では知名度の点で、昨年2着に入ったヘレンパラゴン(牡5歳/父ポーラン)のように盲点となっているようなら、ぜひとも厚めに押さえたい。日本のサトノアラジン(牡6歳/父ディープインパクト)は、秋のGI2戦ではまったく走っていない点から評価を落とすなら、これも押さえたい。ただ、上位人気になるようであれば、そこに食指は動かない。

 取捨が難しいのはクールモアの2頭。ランカスターボンバー(牡3歳/父ウォーフロント)が11番枠、ローリーポーリー(牝3歳/父ウォーフロント)が14番枠。外枠は決して好材料ではないが、大外からうまく先団に取り付けることを期待して、ローリーポーリーを取りたい。

 仮に、意外に人気を落とすなら昨年ワンツーのビューティーオンリー(せん6歳/父ホーリーローマンエンペラー)とヘレンパラゴンは軽視禁物。ともに近走は冴えないが、底力は上位だ。

 香港カップ(芝2000m)は、同じ舞台のクイーンエリザベス2世カップ(4月30日/シャティン・芝2000m)を勝ったネオリアリズム(牡6歳/父ネオユニヴァース)が、1番枠ということもあって人気になりそうだ。しかし、もともとはそこまで抜けて強いというタイプではない。春も奇襲作戦がうまくいったのであって、同じ手を2度は使えない。また、最内枠は揉まれやすく、それを嫌って逃げるようであれば折り合いを欠きやすい。モレイラ騎手とて神ではない。これらを勘案して、敢えて軽視してみる。

 逆に、実績で見劣るように見えるステファノス(牡6歳/父ディープインパクト)に食指が動く。3歳以来、勝利から見放されているが、芝2000mのGIであれば競馬場を問わず好走してきた。さらに鞍上のヒュー・ボウマン騎手は、人気の一角となりそうなワーザー(せん6歳/父タヴィストック)の元主戦。強敵の弱点を知っている。

 アイルランドのドーヴィル(牡4歳/父ガリレオ)やイギリスのポエッツワード(牡4歳/父ポエッツヴォイス)も実績的に人気を集めそうだが、欧州馬で狙いたいのがイギリスのロビンオブナヴァン(牡4歳/父アメリカンポスト)。内国産ボーナスの制度があるため、イギリス調教馬でありながらフランスでの出走が多いが、その中でGIIIラクープ賞(シャンティイ・芝2000m)での1分59秒45という好タイムでの勝利を評価したい。速い時計の馬場は歓迎で、しかも4番枠で立ち回りがしやすい。

 近走の着順にとらわれることなく、コース実績や枠順までチェックできれば、おのずと穴馬が浮かび上がってくるはずだ。

◆荒れる阪神JFは「気まぐれ乙女の穴馬3頭」があなたに臨時ボーナス支給だ>>

◆阪神JFはオルフェ娘2頭じゃない! ディープ産駒マウレアこそチャンスあり>>