愛媛県の県立4病院で2016年度に、労使協定の上限を超える時間外労働をした勤務医が、対象者269人のうち約8割の210人に上ることが4日に分かった。最長で年間の合計が1777時間に上った男性医師もいたという。共同通信が報じた。

勤務医の残業、8割が上限超え 愛媛県立4病院、1777時間も(共同通信)