角居厩舎の情報収集力は?

写真拡大

 競馬の世界もいよいよ年内最後の開催となり、リーディング争いなども注目を集めている。常にトップを狙う角居厩舎は、チーム力を結集して暮れの闘いに臨む。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、厩舎の情報力についてお届けする。

 * * *
 前回は厩舎からの情報発信、アウトプットについて書きましたが、今回はインプット。情報の収集です。

 厩舎の馬をどのレースに出すか。その馬にどのジョッキーを載せるか。レースに勝つための最善の選択をしたい。それには情報収集が欠かせません。

 レースが終わった瞬間から「次はどうしようか」と考えます。たとえば下級条件の場合、着外で優先出走権がとれなかった時、どのレースなら出られそうなのか、情報を集めなければならない。JRAには競馬の実績表があり、通年のデータが得られます。この馬は北海道シリーズが終わったら、どの500万条件ならば出られそうなのかなどなど……そういうことが見えてくる。もちろん出入りの新聞記者から情報を聞くこともある。

 調子がよくてすぐに使いたいと思ったときは、距離を少し変えてみたり、芝からダートにしてみたり、ときに遠征していったりすることもあります。

 前走レース後のジョッキーが「左回りのほうがいい」と言ったのなら、そこから次の選択レースを予想することもある。同じジョッキーにうちの馬の鞍上を任せたければ、スケジュールを見越して早めに動かなければいけません。

 目標のレースが早く決まれば、それに向けての調整もスムーズにいきます。馬主さんも予定を立てやすくなる。

 重要なヘッドワークです。普通は調教師がやるべきことかもしれません。しかし圧倒的な情報を集めたうえ見えてくることも多く、とにかく時間がかかる。ジョッキーの確保にはスピード感が必要です。調教助手が担当する厩舎もあるようですが、馬を扱う人間は、馬が動いているときには他のことができません。

 そこで角居厩舎では担当スタッフを置いています。専門なので、情報収集能力、そこからの分析力、スピード感が飛躍的に磨かれてきます。情報が動き出すのは火曜日の午前中。スタッフが集めた情報をもとに、調教師がエージェントやジョッキーと連絡を取り合って、次に狙うレースを決めていきます。

 他にも、事務所への出張届を揃えたり、馬運車の手配をしたり、飼い葉を作ったりと、馬が動いている間に仕事をするスタッフがいます。大事なのは、人に任せるということ。競馬の主役は馬やジョッキー、調教師だけじゃない。それぞれ、自分の仕事に主役感を見いだせれば、厩舎力が強くなると思います。

 成績が上がれば、そのやり方が正解だったということになる。そういうチームにはぴしっと背筋の伸びる良い雰囲気があります。仮に、私が何から何までをやろうとします。結果、たとえばジョッキー確保がスムーズに行かないと、やはりイライラしそうです。

 そういう空気は周囲に伝わってしまう。調教師がワンマンで怒鳴るようだと、スタッフが萎縮してしまい、ネガティブな雰囲気が馬にも伝わる。競馬場で伸び伸びと走ってもらうためにも、厩舎力は大切です。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。2000年に調教師免許取得、2001年に開業。以後15年で中央GI勝利数23は歴代3位、現役では2位(2017年11月19日終了現在)。今年は13週連続勝利の日本記録を達成した。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカなど。本シリーズをまとめた『競馬感性の法則』(小学館新書)が発売中。

※週刊ポスト2017年12月8日号