提供:リアルライブ

写真拡大

先週の的中は下記の通り。

・東京11Rを△→◎→○で的中し、3連複1,300円。

【今週の予想】

☆中山6R 2歳新馬(芝2000m)

 良血馬エリスライトがデビュー戦Vを飾る。半兄に13年JDD(Jpn)、16年コリアカップ(韓G)を勝ったクリソライト、全姉に15年エリザベス女王杯(G)、16年宝塚記念(G)を勝ったマリアライトがいる良血馬。姉同様現時点では非力な印象で、本格化は古馬になってからだろうが、追い切りでは現状でも十分やれるだけの動きを見せており、このメンバーなら勝ち負けになる。

◎エリスライト
○モンヴァントゥ
▲アカリダイヤモンド
△ピンクダイキリ

買い目
【馬単】3点
◎→○▲△
【3連複2頭軸流し】2点
◎○-▲△
【3連単フォーメーション】4点
◎→○▲→○▲△

☆中山10R 市川ステークス(芝1600m)

 パルティトゥーラが連勝を伸ばす。前走は、スタートで出遅れて後方からの競馬となったが、3、4コーナー中間から馬なりで先団に取りつくと、直線では他馬と脚色が違い、あっという間に先頭に立つと最後は流して1着。それでいて上がりは33秒5だから恐れ入る。2着馬との着差は0秒1差だが、先行馬が残った展開からも着差以上に強かった。今回は昇級初戦となるが、一発回答があっても不思議ではない。

◎パルティトゥーラ
○ヴェネト
▲デアレガーロ
△₁クリアザトラック
△₂ウイングチップ
△₃ルグランフリソン

買い目
【馬単】6点
◎⇔○▲△₁
【3連複1頭軸流し】10点
◎-○▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】24点
◎→○▲△₁→○▲△₁△₂△₃
○▲△₁→◎→○▲△₁△₂△₃

☆中京11R チャンピオンズカップ(G)(ダート1800m)

 今年は昨年のアウォーディーのような絶対的な核となる本命が不在のチャンピオンズC。何が勝ってもおかしくない戦国レースだが、中でも下半期絶好調のサウンドトゥルーを本命に推す。秋緒戦となった日本テレビ盃では、叩き合いの末、クビ差届かず2着に敗れたが、中型サイズと馬格がある馬ではないため、58kgの斤量が最後に響いたのだろう。57kgの斤量だったJBCクラシックでは、明らかに一頭勢いが違う末脚で突き抜けた。上がりはもちろん最速で、次位とは0秒2差。パドックから状態の良さが伝わってくるデキで、ここにきて本物になった印象。追い切りの動きを見てもデキは相変わらず良く、先行激化しそうなメンバー構成も吉。連覇達成の可能性は高いと見る。相手本線はケイティブレイブ。ここに来てようやく高い次元で安定して力を発揮できるようになってきた本馬。どこからでも競馬ができる強みがあり、展開に左右されにくい。馬体を見ても今がまさにピークといった状態で、突き抜けてもおかしくない。▲はコパノリッキー。以下、ロンドンタウン、ミツバ、アポロケンタッキーまで。

◎(14)サウンドトゥルー
○(2)ケイティブレイブ
▲(1)コパノリッキー
△(7)ロンドンタウン
△(3)ミツバ
△(15)アポロケンタッキー
好調教馬(9)(1)(3)買い目
【馬単】6点
(14)→(1)(2)(3)(7)(15)
(2)→(14)
【3連複1頭軸流し】10点
(14)-(1)(2)(3)(7)(15)
【3連単フォーメーション】20点
(14)→(1)(2)(7)→(1)(2)(3)(7)(15)
(1)(2)→(14)→(1)(2)(3)(7)(15)