あるシャンプーの成分は食器用洗剤と同じだった!?

写真拡大

食器用洗剤とシャンプーの成分は同じ?

食器用洗剤とシャンプーは、用途が異なります。

しかし汚れを落とす、ということは共通しています。

そのため、配合成分の中でも洗浄成分が同じ場合があります。

しかし、食事の油汚れを落とすことを目的としている洗浄成分は、頭皮や髪に対して刺激が強すぎます。

ですので販売されているシャンプーのほとんどには、食器用洗剤と同じ洗浄成分が用いられることはありません。

どんな成分を避けるべきなの?

しかし例外的に一部のシャンプーでは、食器用洗剤に用いられるような、強力な洗浄成分が配合されている場合もあります。

なぜ安全性に問題があるかもしれない強力な洗浄成分をシャンプーに使うのでしょうか。

理由は簡単で、コストをかけずにシャンプーを作れるからです。

そのため低価格帯のシャンプーを購入する際には、使用されている洗浄成分に問題がないのか成分表示をしっかりチェックする必要がありますね。

ヘアケアや頭皮ケアをする上で避けたい洗浄成分は、ラウリル硫酸、ラウレス硫酸。

ラウリル硫酸

まずラウリル硫酸ですが、とても小さな分子で構成されている洗浄成分です。

そのため浸透性に優れています。

ですが、この浸透性の高さが髪や頭皮の脂を摂り過ぎてしまいます。

ですので髪や頭皮の乾燥に繋がりやすいです。

また刺激も強いので、痒みやかぶれも起きやすいです。ラウレス硫酸

次にラウレス硫酸についてです。

ラウレス硫酸もラウリル硫酸と同様に洗浄力が強いです。

ですが、分子が大きいため浸透性が低く、ラウリル硫酸よりは低刺激です。

しかしラウレス硫酸は洗浄力が強いため、こちらも髪や頭皮の乾燥に繋がりやすいというデメリットがあります。

このように髪や頭皮の乾燥や副作用を避けるためには、ラウリル硫酸とラウレス硫酸は避けた方が良いですね。

美髪におすすめの成分は?

逆に美髪におススメな洗浄成分は、アミノ酸系の洗浄成分です。

アミノ酸系の洗浄成分は洗浄力が控えめなため、髪や頭皮が乾燥しにくいからです。

さらに刺激も抑えられているため、副作用も出にくく敏感肌の人も使いやすいです。

アミノ酸系の洗浄成分は、アシルグルタミン酸、ラウロイルメチルアラニンNaなどが代表的です。

低刺激なシャンプーで髪と頭皮をいたわりたい場合は、アミノ酸系シャンプーがおすすめですよ。