従来説よりも高い頻度で「超巨大噴火」か 最新の火山研究で判明

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 火山の「超巨大噴火」に関する研究結果が29日、発表された
  • 超巨大噴火は5万年〜70万年ごとに発生すると考えられていたそう
  • 最新の推算結果では、1万7000年ごとに発生すると判明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x