元関脇・琴錦の朝日山親方(写真:共同通信社)

写真拡大

 角界が揺れる中、「謎のスー女」こと相撲女子の尾崎しのぶ氏が、相撲コラムを週刊ポストで執筆中。今回は、BSの番組で軽妙なトークを披露している朝日山親方(元関脇・琴錦)について、尾崎氏がつづる。

 * * *
 BSフジ『大相撲がっぷり総見』。朝日山親方と唐橋ユミのたのしい掛け合い、細かい説明が勉強になるので大好きな番組だ。

 弟子不足に悩まされていた朝日山部屋。以前から勧誘していた少年達にはことごとく振られたが、追うのをやめてみたところかえって志願者が来るようになったそうで現在は六名になり来年は三、四名入門予定者がいるという。今どきの少年には、古い兄弟子がいないぶんのびのび過ごせる朝日山部屋が選ばれるのかもしれない。

 九月場所、枝川親方が体調不良のため、朝日山親方が審判を務めた(紋付きが採寸して作ったのにもかかわらず大きすぎて座ると襟元が浮いてしまい、テレビを見た呉服業の知人から『みっともない』と指摘されたそうだ)。そのことから十一月場所前の放送では「審判のお仕事とは?」とのQ&Aコーナーがあった。

「自分の担当時間に会場入りすればいい」は×。十両と幕内の取組を編成する会議が毎日十一時より行われるので、自分の担当する取組が遅かったとしても十一時までには必ず入っておかなければならないとのこと。

 十両と幕内前半・後半の三部は基本的に審判部が全員で審判する。それに加えて幕下以下の取組でも一日一回は審判をするので一日に二回審判をすることになる。それにあてはまらないケースとして朝日山親方が挙げたことが、私には興味深かった。

 朝八時半からの序ノ口を担当した審判はもう帰ってもよいとされているそうだ(映像での確認をするビデオ室係になれば残らなければならない)。以前国技館で八時半に土俵下に座っている佐ノ山親方(現九重親方)のむくんだ顔を見て、ウッワー眠そう、と思った。

 ほんの少し前の現役中、大関千代大海は夕方五時半を体内時計の中心としてたたかっていたのだから八時半はきつい(寝ぼけまなことは対照的にソフトモヒカンはビシッときまっていて、中学時代九州一の不良であったことを思い出させた)。

 引退直後の新米親方であるからして早朝から夕方までやる事がびっちりあるに違いないと思い勝手に「お疲れ様でございます」と頭を下げたのだが、今回の朝日山親方の話からすれば十一時前に解放される朝一はむしろおいしい役目ではないか。私だったら朝一を毎日担当したい、できればビデオ係なしで。

「取組の進行は審判が行う」は〇。十両の土俵入りは二時半なので、幕下の取組は二時二十九分に終わるのが理想。幕下以下は待った(蹲踞から仕切りまでの一連の所作)を一度して立つことになっているが、審判が時計を見ながら進行を計り、早すぎる場合には呼び出しに塩を用意させ通常は行わない塩まきをさせる時もある。

 取組までの時間が幕内四分、十両二分と決められているのだ、と朝日山親方は審判部で仕事をするようになるまで思っていたのだそうだが(私もそう思っていた)、実際は懸賞の数と時刻を考慮し待ったの回数を変え、呼び出しにはタオルを渡させる(力士に向けて最後だとの合図)、行司には「時間いっぱいです」と伝える手信号を出しているとのこと。

「審判席に持ち込んではいけないものがある」は×。紋付きのたもとに取組表と赤鉛筆。出ることはできないが携帯電話、持っていても飲めないけれど飲み物などが入れられている。朝日山親方が入れられているものとして挙げ、しかし食べることができないとは言及しなかった飴玉。もしかして土俵下でコロコロと飴を食べている親方がいるのではないかと気になってしょうがない。

 初日の四日前にチェックしたらまだチケットが売れ残っていたからゼロ泊で福岡に行こうかと思ったが、テレビで落ち着いて審判の様子を観察することにした。朝日山親方のおかげで相撲のおもしろい見方がまた増えてしまって、ちょっと困っている。

※週刊ポスト2017年12月8日号