PCユーザーへの挑戦か? ドン・キホーテが 1万9800円のストイックな14.1型フルHDノートPCを発売

写真拡大

驚安の殿堂ドン・キホーテ(ドンキ)が、1万9,800円(税別)のノートPC「MUGA(無我)ストイックPC」を2017年12月1日より発売する。
1万9,800円といえば、サラリーマンの一ヵ月のお小遣いでも十分に購入可能な価格だ。

そこで気になるのが、どんなノートPCであるのかだ。
もちろんドンキのことなので、おもちゃではなく、本物のノートPCであることは間違いない。

しかし、1万円台という激安ノートPCは、これまでのPC業界では考えられないほどの脅威的な価格だ。
価格破壊への挑戦と言ってもよい。
そんなチャレンジ価格であるからこそ、そこには思わぬ落とし穴もあるかもしれない。

そこで今回は、激安ノートPCでチェックすべき点と、ドンキのノートPC「MUGA ストイックPC」のメリットとデメリットについて考察してみた。

■激安ノートPCは、ここをチェック
ひと口に「ノートPC」と言っても、ピンからキリまである。
とくに激安ノートPCの場合、安いには安いなりの理由があるのだ。

そこでドンキの「MUGA ストイックPC」を例に、激安ノートPCを購入するうえでチェックすべきポイントをまとめてみた。

●安いには理由がある
安い理由を、スペックから探ってみよう。

「MUGA ストイックPC」の主な仕様は、
CPU:Atom x5-Z8350(1.44GHz/最大1.92GHz)
メモリー:2GB
ストレージ:eMMC 32GB
画面:14.1型IPS液晶フルHD(1,920×1,080ドット)
本体サイズ:約329×219×20mm
重さ:約1.2kg
付属アプリ:Kingsoft WPS Office

このスペックでわかることは、価格を1万9,800円(税別)に抑えるために、かなりのスペックを削っている点だ。

まずCPUから見てみよう。
本製品はタブレットでよく使われるAtom x5-Z8350を使用している。
汎用性が高いCPUなので、それだけ安く製品を作れるというわけ。ただし、デメリットもある。
ハイエンドノートPCに採用されることが多いCore i7 / i5と比べると、パフォーマンスは劣る。
画像処理や負荷のかかる作業に向かないCPUというわけだ。しかし、ネット利用やブログ更新などは十分にできる。

次にメモリーだ
2GBとスマホやタブレットなみの容量なので、複数のアプリを起動してバリバリ使うという用途には向かない。
また、Officeファイルもあまり容量の大きなデータの場合は、動作が緩慢になる可能性もある。
本製品の場合、メモリーは増設や変更ができないので、これはもうどうにもならない。

次にストレージだ、
32GBだと、大量の画像データや、大きな動画データをたくさん保存しておくには不向きだ。
さらに、OSのメジャーアップデートなどの際にも、空き容量不足になる可能性もある。

ディスプレイは、視野角が広い高精細IPSパネルを搭載し、どの角度から見ても美しい映像を楽しめる。
昔のノートPCをご存じの方であれば、同パネルは液晶パネルの中でも高価であったのを知っているだろう。しかし、今日では液晶テレビの普及によって、安価に供給できる時代になったというわけだ。

次に拡張性だ。
14型ノートPCということもあり、十分な拡張性は保持されていると言える。
まずUSB3.0×1、USB2.0×1を搭載しているので、USB機器を利用した機能拡張が可能だ。
外付けのハードディスク(HDD)を接続すれば、32GBという少ないストレージを補えるだろう。

さらにBluetooth 4.0も搭載されている。Bluetoothをサポートしたキーボードやマウス、ヘッドセットを利用すれば、わずらわしいケーブルを必要とせずに、それらをPCに接続できるわけだ。

Mini HDMI×1が搭載されている点にも注目したい。HDMIケーブルを必要とするが、HDMI端子を備えたプロジェクターや大型テレビに画面を出力できる。
たとえば、リビングの大型テレビにHDMI端子があった場合、本製品をテレビに接続してYouTubeの動画を家族で見るといった使い方ができそうだ。

あとは付属アプリだ。
有名ブランドのノートPCならMicrosoft Office 365を付属するところだが、本製品はKingsoft WPS Officeがバンドルされている、
Kingsoft WPS OfficeはマイクロソフトのOfficeアプリと高い互換性を備えていると言われている。
しかし、そこはサードパーティー製なので、すべての機能をサポートしているわけではない。
ある程度の差があることは、理解して利用しよう。


■「MUGA ストイックPC」は、ストイックに使いこなせ
「MUGA ストイックPC」は、フルHDのディスプレイにこだわりつつ、市場最安値に挑戦したノートPCだ。

メーカーによると、
「機能をストイックに絞り込むことで、市場最安値の1万9,800円(税別)を実現した」とのこと。

たしかにフルHDのディスプレイを搭載したノートPCとしては破格の価格だ。

CPUやメモリー、ストレージを考えれば、写真加工や動画編集、3Dゲームといったマシンパワーを必要とする作業はもちろん、ハードなビジネスワークには適してしない。

一般の人でも、ネットを中心とした軽作業での利用であれば、ある程度は使えるだろう。
しかし、使いこなすには、それなりのPCの知識と経験が求められるのも、まず間違いない。

メインマシンとして使うのであれば、やや非力なPCと考えたほうがよいだろう。
ある程度のパソコンの知識を持った人でなければ、使いこなせない。
まさにストイックに使いこなすためのPC「ストイックPC」というわけだ。

『ドン・キホーテグループは、これからもプライベートブランドメッセージの“お客さまの「ワクワク・ドキドキ」をカタチに”に基づき、商品開発に努めていく』とのこと。今後、我々にどんなワクワクやドキドキを感じさせてくれるのか、楽しみにしたい。


ITライフハック 関口哲司