『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』 ©Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

写真拡大

スティーヴン・スピルバーグ監督の映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』の予告編が公開された。

【もっと画像を見る(6枚)】

2018年3月から全国公開される同作は、アメリカ国防省がベトナム戦争に関する経過や分析を記録し、最高機密となっていた文書である通称「ペンタゴン・ペーパーズ」を巡る物語。同書の存在をニューヨークタイムズがスクープした1971年を舞台に、ワシントンポスト紙の記者たちがライバル紙であるニューヨークタイムズと時に争いながらも連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世間に公表しようと決断する、というあらすじだ。原題は『The Post』。

今回公開された予告編では、メリル・ストリープ演じるアメリカ初の女性新聞発行人でワシントンポストのキャサリン・グラハムと、トム・ハンクス演じるグラハムの部下で編集主幹のベン・ブラッドリーが「ペンタゴン・ペーパーズ」について密談しているシーンや、「臆病もの」と揶揄されながらも報道の自由を守り抜くために決断を迫られるグラハムの姿、グラハムを支えるブラッドリーが「この記事を諦めれば――“自由の炎”が消えるぞ!」と訴える場面などが確認できる。あわせて場面写真も公開された。