提供:週刊実話

写真拡大

 私がお笑い芸人の方と付き合うようになったのは、“僕イケメン”のKさんがきっかけでした。その当時は、私が20代半ばだったのですが、彼の方からいきなり私のブログを介して「はじめまして。お笑い芸人をやっているKと申します」っていう、顔写真付きのダイレクトメッセージが届いたんです。
 その後も、「今日はどんな下着してるの?」とか、「裸の写真、送って欲しいな」とか変なメッセージばかり送ってくるから、スルーしていたんですけどね。でも、あまりにもしつこかったので、1回だけならってことで会うことにしたんです。それで実際に面と向かってみると、意外にもレディーファーストだし、何をするにも気配りがあって、なかなかいい人だなと思ったんです。

 ただ、彼とのエッチには驚きました。というのも、その日にする内容の“台本”を作ってくるんです。それは、それぞれセリフの役割分担が書いてあるほどの細かさでした。そんな暇があるなら、ギャグの一つでも考えたらいいのにって思いますけどね(笑)。
 しばらくしてKさんとは別れてしまいましたが、体の関係は続いていて、彼が結婚した直後も会っていたんです。すると奥さんから電話が掛かってきて、「もし次に会ったら訴えます」と言われたこともありました。そのことで悩んでいた時に、リアクション芸人のDさんに相談したことがあったんです。そしたら飲みに誘われて、ホテルへ行ったこともありました。

 Kさんと別れた後は、最近結婚された、美味しいお店に詳しい方のWさんとお付き合いしました。ただ彼は、とにかく面倒くさい人だったことを覚えています。食事に行っても「このビールはどこそこので、味はどうこう」とか、「ここの店の水は水道水を使っているからダメ」とか。そのノリはホテルへ行っても同じで、スリッパの脱ぎ方とか、お風呂の長さとか、何かと注文をつけてくるんです。それでも、エッチの方はというと、ごく普通。そこには、まったくこだわりはなかったようです(笑)。
 そうした普段のうるささもあって、Wさんとはすぐに疎遠になりました。ただ、彼からのつながりで行き着いたのが、「子供を作ろう」と言われた、トリオ東京03の豊本(明長)さんだったんです。豊本さんについては、あちこちで聞かれてお話したので、もういいでしょう(笑)。

 芸人といえば、最初はKさんと言いましたが、20代前半には超大物で、今は引退されているSさんとも関係を持ったことがありました。
 この方とは、過去にお仕事をした関係で連絡先を交換していたんです。それで、ある時、Sさんから「飲みに行こうよ。誰か連れてきてよ」と電話があったので、ビジュアルクイーン時代の友人を連れて会いに行ったんです。待ち合わせの場所に着くと、緊張していたせいか、案の定、酔ってしまって。Sさんのマンションに連れて行かれたんです。
 それで、事が済んだ後に、「めぐちゃんって、結構イケる方? タイプは幅広い?」と聞かれたんです。私、その瞬間は意味が分からなかったんですけど、要するに自分の後輩たちも相手にしてくれってことだったんです。それで怖くなってしまい、以来、Sさんとは連絡を取らなくなりました。そんなことがあって数カ月後、Sさんは電撃引退したんです。ちなみに、Sさんのエッチはというと、とにかく触られるのが嫌なタイプで、これにも困りました。とにかく、恥ずかしがり屋さんだったようです。 そんな流れの話に、豊本さんも驚いていたんですが、もっとビックリしていたのが、別居報道が出たお笑いコンビMのOさんと、その絡みで知り合った、こちらもコンビTのKさん。2人はそれぞれボケとツッコミで、特にOさんはテレビでは一発ギャグをするすごく明るいキャラなんですけど、普段とかエッチの時は、すごくクールで物静かな方でしたね。