ライアン・フィリップ(Ryan Phillippe)、エルシー・ヒューイット(Elsie Hewitt) photo : Getty Images

9月に元恋人のエルシー・ヒューイットから暴行で訴えられていたライアン・フィリップ。なんと今度はライアンがエルシーを訴えたことが明らかに。

雑誌『ピープル』によると11月17日にライアン・フィリップはエルシー・ヒューイットに対する訴訟を申請。エルシーは今年7月に「ライアンから暴力を振るわれた」と通報、彼を暴行で訴えていた。エルシーに起訴された時点でもSNSで疑惑を否定していたライアン。でも正式に法的措置に出たもよう。同誌が入手した書類によると暴力行為はしていないと主張、さらに「エルシーは真夜中にフィリップの家に無断で入ってきた」「ライアンから金銭を取るために虚偽の話を作り上げた」。さらに当時エルシーが「とても酔っ払っていた」とも記載しているという。

ライアンは自分がエルシーを訴えたニュースが流れるとTwitterで反応。「はっきりさせておきたいけれど、僕には『ガールフレンド』と呼ぶような存在は1年以上いないし、デートもほとんどしていない」「僕のプライベートに関する人たちに対して、マスコミやゴシップ報道がつけているレッテルはすべて間違い」とも。つまりエルシーは元恋人で、交際中にDVがあったと報じられているけれど、エルシーはそもそも彼の恋人ではないというのがライアンの主張。

エルシーからの訴えで、DV男というイメージが定着してしまったライアン。エルシーとライアン、どちらの訴えが認められるのか続報に注目したい。

text: Yoko Nagasaka