提供:リアルライブ

写真拡大

☆東京3R 2歳未勝利(芝2000m)

 初戦は如何にもデビュー戦といった内容だったグラマラスライフ。スタートでダッシュが付かず後方からの競馬になり、4コーナーでも内に入っていたことで身動きが取れず、直線を向いた時には後方3番手。それでもそこからじわじわと脚を伸ばし、メンバー中3位の上がりを使って5着。上位は中団より前で競馬をしていた馬ばかりで、後方から追い込んで掲示板に乗ったのは本馬だけ。メンバーは揃ったが、2戦目で慣れが見込める今回は好勝負必至。

◎グラマラスライフ
○サトノオンリーワン
▲シャドウアイランド
△₁ロジティナ
△₂ライトカラカゼ
△₃マイネルキラメキ

買い目
【馬単】7点
◎→○▲△₁△₂△₃
○▲→◎
【3連複1頭軸流し】10点
◎-○▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】20点
◎→○▲△₁→○▲△₁△₂△₃
○▲→◎→○▲△₁△₂△₃

☆京都9R 白菊賞(芝1600m)

 ここ2戦のうっぷんを晴らすスズカフェラリー。前々走のりんどう賞では、直線勢いが付いたところで進路がなくなり、減速せざるを得ない不利があっての3着。前走はスタートで出遅れてしまい、道中は最後方からの競馬を余儀なくされると、4コーナーでは大外を回り追い込んだが4着。もともと反応が早いタイプではなく、トップギアに入ったのは残り100mあたりから。今回の距離延長は確実にプラスで、今度こそ突き抜ける。

◎スズカフェラリー
○レッドランディーニ
▲リリーノーブル
△₁スカーレットカラー
△₂デルニエオール
△₃ハイヒール

買い目
【馬単】4点
◎→○▲△₁
○→◎
【3連複2頭軸流し】4点
◎○-▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】16点
◎→○▲△₁→○▲△₁△₂△₃
○→◎→▲△₁△₂△₃

☆東京11R ジャパンカップ(G)(芝2400m)

 今年は外国馬4頭、3世代のダービー馬、オークス馬、宝塚記念勝ち馬など、錚々たるメンバーが集結したジャパンカップ。中でも日本の大将格はG6勝馬のキタサンブラック。今年だけで大阪杯、天皇賞(春)、(秋)を制し、現役最強馬の名を欲しいままにしている。特に前走の天皇賞(秋)では、スタートで出遅れ、得意とする先行策が取れなかったにも関わらず、最速の上がりを使って1着。ドロドロの不良馬場で消耗戦になったことが功を奏した面もあったが、それにしても強い競馬だった。昨年の覇者でもあり、前走も強い競馬だった本馬を本命としたいところだが、あまりにも前走の馬場が悪く、消耗が激しかった点が気になる。18着と惨敗したサトノアラジンは、春に安田記念を勝ち、秋緒戦となった毎日王冠でも勝ち馬とタイム差なしの2着と、ピークのシーズンを送っていたにも関わらず、巻き返しを狙ったマイルCSでまさかの12着。大小あれど、今年の天皇賞(秋)は疲れを残す馬場状態だったことが見て取れる。驚異的な回復力を誇るキタサンブラックとて、通常とは異なる戦法で肉体的にも精神的にも目に見えない疲労が残っていてもおかしくない。故に対抗に留める。代わって本命にはレイデオロを推す。現3歳馬のトップに君臨する本馬。前走の神戸新聞杯で楽に負かしたキセキは、その後菊花賞を制し、12着だったホウオウドリームは500万下、1000万条件と古馬を相手に連勝。その他でもスワンS,アルゼンチン共和国杯、福島記念、マイルCSと重賞でも古馬を破って3歳馬が勝利しており、3歳馬のレベルの高さは折り紙つき。その3歳世代大将格のレイデオロならJCの舞台でも十分勝ち負けできる力を持っている。馬体を見ても前走からさらに成長を見せており、世代を越えた頂点に立つ可能性は十分。一発なら良い頃の動きに戻ったマカヒキ。以下、サトノクラウン、シュヴァルグラン、シャケトラまで。

◎(2)レイデオロ
○(4)キタサンブラック
▲(11)マカヒキ
△(12)サトノクラウン
△(1)シュヴァルグラン
△(13)シャケトラ
好調教馬(11)(2)

買い目
【馬単】6点
(2)→(1)(4)(11)(12)
(4)(11)→(2)
【3連複1頭軸流し】10点
(2)-(1)(4)(11)(12)(13)
【3連単フォーメーション】16点
(2)→(4)(11)(12)→(1)(4)(11)(12)(13)
(4)→(2)→(1)(11)(12)(13)

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙への入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで選んだ4頭で決まり3連単100万円越えもあり。予想スタイルは馬の適性、過去のレース内容、調教を重視。