ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 JRAのホームページにも記されているとおり、東京競馬場と言えば「日本競馬の”顔”」。芝コースは1周2000m以上あり、最後の直線の長さは525.9mに及ぶ。コース幅も最大41mと広々としており、世界規模のスケールの大きな競馬場です。

 ゆえに、世代の頂点を決する東京優駿(日本ダービー)、優駿牝馬(オークス)をはじめ、天皇賞・秋(芝2000m)や安田記念(芝1600m)など、あらゆる部門の「ナンバー1決定戦」として知られる、伝統的なGIの舞台となってきました。

 今週開催されるジャパンカップ(11月26日/東京・芝2400m)は、それらと比べると比較的新しいGIですが、日本競馬が世界に近づく礎(いしずえ)を築いた格式高いレースです。そうなったのも、東京競馬場で行なわれてきたからでしょう。

 そのジャパンカップ。近年では日本馬のレベルが高くなり、外国馬にとっては”アウェー”の地で厳しい戦いを強いられるようになりました。その分、招待レースでありながら、強い外国馬の参戦が極めて少なくなり、ここ最近は日本馬による上位争いがずっと続いています。

 強豪・外国馬が来日しなくなったのは残念なことではありますが、日本馬の強さがそれだけ世界でも認められている、ということなのでしょう。ジャパンカップを創設した趣旨となる「世界に通用する強い馬づくり」が実現している、とも言えるでしょうね。

 そして今年も、トップランクの外国馬の参戦はなく、日本馬優勢のメンバー構成になりました。

 まず注目すべきは、連覇を狙うキタサンブラック(牡5歳)です。

 昨年のジャパンカップは、まさに”ユタカ・マジック”が炸裂。「お見事」としか言いようのない、スタートからゴールまでまったく危なげない競馬を披露しての快勝劇となりました。

 1000m通過が1分1秒7と、ジャパンカップという大舞台にしてはかなり遅い流れでした。それでも、先手を奪った武豊騎手騎乗のキタサンブラックに対して、他の16人のジョッキーは誰ひとりとして競りかけることがありませんでした。また、武豊騎手は早めに動くようなこともなく、レースは淡々と流れていきました。

 これは、道中のラップが遅すぎることなく、それでいて速すぎることもなく、後続の騎手たちも動くに動けない絶妙な流れを作り上げた、武豊騎手の優れた手腕によるものです。

 レースの格が上がれば上がるほど、乗っている騎手たちは自ら動きにくくなるもの。無理にハナを奪ったり、あるいは早めに仕掛けたり、ということを躊躇します。自ら動いてしまうことによって、東京競馬場の最後の長い直線で脚が鈍ってしまうのではないか、と考えてしまうからです。ビッグレースに出走するほどの馬に騎乗させてもらいながら、そんなリスクを負いたくない、というのは誰しもが抱く心理でしょう。

 そうはいっても、明らかに流れが遅いとわかれば、誰かが動きます。しかし、武豊騎手はそこで絶妙な、周りの動きを止めてしまうような流れを作り上げました。昨年のジャパンカップでは、すべての騎手がこの”ユタカ・マジック”にはまったということです。

 距離適性で勝る天皇賞・春(4月30日/京都・芝3200m)や、馬場適性を生かした天皇賞・秋(10月29日)での勝利は別にして、キタサンブラックは自分の形でレースを進めることができれば、相当な強さを発揮します。今回も、それが実現できるかどうかが、大きなカギとなります。

 ただし、今回は外国馬に強い逃げ馬が存在します。ドイツのギニョール(牡5歳)です。

 ドイツ競馬というと、全体的なレベルには「?」がつきますが、それでもGI通算3勝は立派。鞍上も、ドイツのトップジョッキーであるフィリップ・ミナリク騎手が務め、侮れません。

 しかも、同馬は褒賞金対象(※)となるバーデン大賞を勝っています。共同会見では「(位置取りは)日本のペースでは4、5番手」と言っていたようですが、本気度合いも感じますし、キタサンブラックにとっては、この馬の出方が気になるところです。
※同一年にJRAが指定した諸外国の大レースを制している外国馬は、ジャパンカップの結果によって追加の褒賞金が得られる。優勝した場合、200万ドル(約2億2000万円)。

 また、前走の天皇賞・秋は極悪馬場のレースでした。それも、ゴール前までびっしりと叩き合っていました。キタサンブラックには、この反動があるのか、ないのか、そこも気になります。有力馬の1頭ですが、決して安泰とは言えないかもしれませんね。

 前走の反動が気になると言えば、天皇賞・秋でキタサンブラックと叩き合って2着となったサトノクラウン(牡5歳)も同様です。実際、前走を終えたあと、ここに向けての調整過程において立ち上げが少し遅かったような気がします。その点は引っかかりますね。

 とはいえ、鞍上を務めるのが、今GIに乗れば「上位入線は間違いなし」と言えるほど、絶好調のミルコ・デムーロ騎手(※現在、GI10戦連続で3着以内を確保)。1週前の追い切りではシュヴァルグラン(牡5歳)に乗っていたにもかかわらず、結局サトノクラウンを選びました。

 おそらく、最終的にアイダホ(牡4歳/アイルランド)に騎乗することになったライアン・ムーア騎手の動向によって、急遽決まったことだと思いますが、その選択には惹きつけられるものがありますね。

 ミルコ・デムーロ騎手にふられる形となったシュヴァルグランは、オーストラリアの名手ヒュー・ボウマン騎手が手綱を取ることになりました。神がかり的な騎乗が続いているミルコ・デムーロ騎手の力は魅力ですが、ボウマン騎手も世界のトップジョッキーのひとりですし、マイナスになることはないでしょう。

 追えば追うほど伸びるイメージのあるシュヴァルグラン。豪腕のボウマン騎手とは手が合うと思いますし、どんな走りを見せるか、逆に楽しみです。

 さて、今回のジャパンカップでは、今年のダービー馬とオークス馬も参戦します。それも、大きな見どころのひとつです。

 秋を迎えたとはいえ、3歳馬が歴戦の古馬を相手にするのは大変です。普通ならば、厳しい戦いを強いられます。しかし、とりわけダービー馬のレイデオロ(牡3歳)には、”普通ではない”可能性を感じています。

 ダービー馬がその年のジャパンカップを勝ったのは、ジャングルポケット(2001年)しかいません。それだけハードルが高い挑戦となりますが、レイデオロにはジャングルポケット以上の期待感があります。

 ジャングルポケットも、連覇を狙っていたテイエムオペラオーを撃破。レイデオロも同じく、キタサンブラックの連覇を阻んでもおかしくないでしょう。先週のマイルCSでは、皐月賞2着のペルシアンナイトが快勝。3歳馬が勢いに乗っている今、世代王者への期待は膨らむばかりです。

 一方、オークス馬のソウルスターリング。この秋は古馬路線に果敢に挑戦し、毎日王冠(10月8日/東京・芝1800m)で8着、天皇賞・秋では6着と、大敗を続けています。おかげで、すっかり人気を落としてしまいましたが、実はまだ、可能性があるのでは? と思っています。



ジャパンカップでの巻き返しが期待されるソウルスターリング

 というのも、ここまで能力の半分も出せていないと思うからです。

 毎日王冠は初の古馬相手、しかもトップレベルとの対戦ということもあって、どこか気負っていて、常にプレッシャーを感じているレースぶりでした。それに比べて、前走の天皇賞・秋では覇気のある競馬を見せてくれましたが、道中で不利があり、位置取りが悪くなってしまったことが響きました。

 結局、ここ2戦はソウルスターリングの力がすべて発揮されたわけではありません。それでも、経験を積んだことによって、レースぶりがよくなっていることは確か。天皇賞・秋では、もう少しいい位置を取れていれば、違う結果になっていた可能性も十分にあります。

 同馬も極悪馬場で激走した反動が心配されますが、前述の2頭、キタサンブラックとサトノクラウンよりは、ジャパンカップへ向けての始動が早かったようです。回復までに時間がかからなかったのは、斤量が軽い分の恩恵もあったのでしょう。

 今回は、さらに1kg斤量が減って53kgでレースに臨めます。他馬との斤量差に変わりはありませんが、牝馬にとって1kg軽くなるのは大きいと思います。

 反撃が大いに期待できるジャパンカップ。「ヒモ穴馬」には、このソウルスターリングを挙げたいと思います。

大西直宏オフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

■競馬 記事一覧>>