厩舎コメントの内幕を明かす

写真拡大

 競馬新聞には必ず出走馬に関する厩舎サイドのコメントが載っている。そこには馬券に繋がるヒントがどれだけ盛り込まれているのだろうか。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、競馬新聞の厩舎コメントについて考察する。

 * * *
 以前にも「厩舎力」というテーマで、チームワークの大切さを書いたことがあります。今回は厩舎の情報力。情報力には収集と発信があり、ファンの皆さんが触れるのは圧倒的に「発信」のほうでしょう。

 レース前のテレビ出演や、新聞などに載る厩舎からのコメントです。日常的なのはコメント欄のほう。ファンに必ず読まれる「厩舎からの発信」です。

 角居厩舎では2名の調教助手にスポークスマンをやらせています。出走する馬の情報はすべて彼らから発信される。スポークスマンを設けている厩舎は半分くらいでしょうか。あるコメントは調教師、あるときは調教助手、という厩舎も多いようです。

 角居厩舎の場合、さすがにテレビには私が出ますが、新聞のコメント欄に登場することはありません。記者はそのことを分かっているから、調教のあとで私のところには寄ってこない。「(調教助手の)辻野さんが、こう言っていますけど」などという確認の取材も受けない。マスコミに対して近寄りがたい雰囲気を装っている。相当に無愛想に思われているはずです(笑)。

 そうやってきっちりと線引きするのは、単に忙しいから。ずっと馬と一緒にいて、調教師の本筋の仕事に時間を使いたいのです。もちろん、調教で馬に乗るのは助手なので、彼らがコメントするのが当たり前という思いもあります。

 かつての苦い経験もありました。

 私が話したことが一から十まですべて紙面に載ることはない。必ず「中抜け」されます。たしかにそう言ったんだけれど、文脈の中での意味が伝わらないことがある。面白い言葉だけをつなげられたりすると誤解を招き、「どうして、こんな大げさなことを言うのか」と馬主さんから叱責を受けることも珍しくないのです。

 スポークスマンのコメントは、調教師のそれよりも重くない。軽視ということではなく、「調教師の口調がいつもと違って力強い」などの類推を排除できるという意味です。

 スポークスマンのコメントを、私はチェックしません。信頼し、任せています。結果、目を引くような過激なコメントは見られず、さし障りのないものが多くなる。角居厩舎のコメント欄はそれほど面白くないわけです。

 しかし、馬柱には印が付きます。新聞記者は厩舎発信の情報が少ない中で印を打つ。

 私は◎や▲などの印に気持ちを動かされることはないものの、「この記者は鋭い!」とたまに思うことがあります。出走馬の力関係を考えると、記者のほうに情報が多いんですね。こちらは自厩舎の馬の状態を絶対的に見ていますが、記者の眼は相対的ですから。特に新馬戦などに、その傾向が強いようです。

 無愛想を装う私の眉が思わず上がるような印。それを見ると、競馬は面白いものだと再認識します。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。2000年に調教師免許取得、2001年に開業。以後15年で中央GI勝利数23は歴代3位、現役では2位(2017年11月12日終了現在)。今年は13週連続勝利の日本記録を達成した。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカなど。本シリーズをまとめた『競馬感性の法則』(小学館新書)が発売中。

※週刊ポスト2017年12月1日号