マイケル・オーウェン氏【写真:Getty Images】

写真拡大

 元イングランド代表のマイケル・オーウェン氏が、新しい挑戦を目前にしている。英紙『デイリー・メール』などによると、“元祖ワンダーボーイ”は、まもなく騎手デビューを果たす。

 オーウェン氏は現地時間24日にアスコット競馬場で行われるチャリティレースでジョッキーデビューを飾る。約半年前にこの挑戦に臨むことを明かし、それからは騎乗技術を磨きつつ、過酷な減量を続けてきたそうだ。

 同氏は『レーシングUK』の中で、「レースが近づくにつれて、緊張してきたしワクワクしている。最初は楽勝と思っていたけど、少しずつ実際はそうじゃないと分かってきたよ」と語っている。

 元々競馬好きで知られているオーウェン氏は、2014年に自身の所有馬がG1制覇を達成するなど、馬主としても歓喜の瞬間を迎えている。騎手という新しい舞台でも好成績を残せるだろうか。

text by 編集部