GI天皇賞・秋(10月29日/東京・芝2000m)を制したキタサンブラック(牡5歳)の”1強ムード”が漂っているGIジャパンカップ(11月26日/東京・芝2400m)。「打倒・キタサンブラック」を考えるなら、未知の魅力がある外国招待馬へと目が向く。

 だが、日本調教馬の躍進が著しい昨今、外国招待馬がこのレースで好結果を出すことは稀(まれ)だ。外国招待馬が最後に勝利したのは、はるか12年前まで遡(さかのぼ)らなければならない。2005年のアルカセットである。以降、連対馬もなく、馬券に絡んだのは、11年前(2006年)に3着に入ったウィジャボードが最後となる。

 そうした現状を踏まえると、今年も外国招待馬には期待できないのか。まして「打倒・キタサンブラック」など、託せるはずもないのではないか。

 ただ、招待馬4頭についてよくよく調べてみると、決して派手さはないものの、実はそれぞれが”一発”を秘める曲者ぞろいであることがわかる。

 まず注目すべきは、招待馬4頭の中で真っ先に来日した、オーストラリアのブームタイム(牡6歳/父フライングスパー)だ。


追い切りでも軽快な動きを見せたブームタイム

 初勝利を挙げたのが、デビューから13戦目。4歳から5歳にかけては脚部不安により、およそ1年間戦列を離れていたため、初重賞勝ちもデビューから32戦目という”苦労馬”である。

 しかし、その初タイトルが今年のGIコーフィールドC(10月21日/豪州・芝2400m)。以前、日本のアドマイヤラクティも勝った(2014年)ことのあるレースで、世界的なGIでもあるコックスプレートやメルボルンCの前哨戦といった位置づけの歴史あるGI競走である。

 同馬は、そのコーフィールドCで13番人気という低評価を覆(くつがえ)して大金星を挙げた。非常に意外性のある馬で、”遅咲き”という点では伸びしろも感じさせる。

 懸念されるのは、前走のメルボルンC(11月7日/豪州・芝3200m)で15着と大敗を喫したことと、9月以降にすでに5戦を消化していること。なにより、馬体の消耗が心配される。

 ただ、同馬を管理するデヴィッド・ヘイズ調教師は、27年前(1990年)にベタールースンアップでジャパンカップを制覇。そのベタールースンアップも、今回のブームタイムと同じく、ジャパンカップまでの3カ月間で5戦を消化していた。直前に4連勝で挑んだベタールースンアップとは成績面での差はあるが、臨戦過程において何ら不安はない。

 現に来日後も順調に調整され、東京競馬場に入厩した翌日の11月22日には最終追い切りを実施。最後に軽く仕掛けると、反応のいい動きを見せ、万全の態勢にある。

「レースの4日前に追い切りを行なうのは、本国にいるときと同じスタイル。前走の15着という着順は、勝ち目がないと判断した時点で、ジョッキーが無理をしなかったからね。その分、(馬に)ダメージはまったく残っていない。できるなら(27年前の)感動をもう一度味わいたい」

 そう語るのは、トラベリングヘッドラッド(調教師代理)のゲイリー・フェネシー氏。同氏は、ベタールースンアップも担当していた。

 かつてオセアニア勢といえば、ハードスケジュールをこなしながら、このジャパンカップでも破格の激走を見せるのが定番だった。日本の常識では考えられないローテや戦績だからといって、軽視するのは禁物だ。

 昨年に続いて参戦する、ドイツのイキートス(牡5歳/父アドラーフルーク)も侮れない。

 昨年は17頭立ての16番人気ながら、直線でインを突いて4着ゴールドアクターと同タイムの7着と健闘。当日は内側の馬場が伸びにくい状態だったことを考えれば、同馬の走りの価値は高い。

 そのイキートスが、今年は昨年よりも好成績を残してジャパンカップに挑んでくる。大きく敗れたのは、凱旋門賞(10月1日/フランス・芝2400m)の7着だけで、その他の5レースでは1勝、2着4回。前走のGIバイエルン大賞(11月1日/ドイツ・芝2400m)でも、昨年は4着完敗だったが、今年はクビ差2着と奮闘した。

 また、昨年は馬体の小ささが目立ったが、東京競馬場に現れた今年の姿は、昨年とは打って変わって堂々としたものだった。

「昨年よりも、ひとつでも上の着順に来られれば、上々ですね」

 ヤニーナ・レーゼ調教助手はそう謙虚に話すが、その話しぶりからは内に秘めた自信が伝わってくる。

「厩舎での仕草などからも、この1年で馬自身が自信をつけたことが感じられます。賢い馬なので、ここ(東京競馬場)がどこであるか、ということもわかっています。そして、これから何をするのか、ということも理解できているはずです」

 馬場や相手に関係なく、どんなときでもひるまない勝負根性を見せるイキートス。”大物食い”も過去に何度か果たしており、「打倒・キタサンブラック」を託すには、魅力的な1頭だ。

 イキートスと同じくドイツからやってきたギニョール(牡5歳/父ケープクロス)も、無視できない存在だ。


外国招待馬の中では実績ナンバー1のギニョール

 今年の外国招待馬の中では、GI通算3勝と最上位の実績を誇る。しかもそのうち2勝は、この秋の戦績だ。その2戦では先述のイキートスをともに2着に退け、現在の勢いも招待馬の中では一番と言えるだろう。

 通算成績は、14戦6勝、3着3回、着外5回。左回りに限れば、5戦4勝、着外1回と、典型的な”サウスポー”。GI3勝もすべて左回りでのものだ。

 ローテーション的には出走してもおかしくない凱旋門賞も、右回りを嫌ってパス。得意の左回りで戦えるバイエルン大賞(1着)からジャパンカップというのは、狙いすました臨戦過程と言える。

 加えて、父ケープクロスは11年前に3着となったウィジャボードと同じで、他にもシーザスターズ、ゴールデンホーンといった欧州の2400m路線で活躍した超大物を複数送り出している。2009年のダービー馬ロジユニヴァースの母父でもあり、東京・芝2400mへの適性はかなり高いと考えていい。

 初のGI勝利となった昨年のバイエルン大賞では、同厩舎同馬主のサヴォワヴィーヴルに人気が集まる中、まんまと逃げ切り勝ちを収めた。今回、調教ライダーとしてギニョールに帯同しているミカエル・カデドゥ騎手が、同レースでは騎乗。「あのレースは自信があった。サヴォワヴィーヴルのペースメーカーとして出走したと思われているなら、それは大きな間違い。むしろ、あちらに人気が集まるなら……と密かに(勝利を)狙っていたんですよ」とカテドゥ騎手は言う。

 その先行力と粘り腰は、同タイプのキタサンブラックにもまったくひけをとらない。甘く見たら、痛い目にあうかもしれない。

 最後の1頭は、アイルランドのアイダホ(牡4歳/父ガリレオ)。今年、GI27勝という大記録を打ち立てた世界的な名門、エイダン・オブライエン厩舎がジャパンカップに放った”刺客”だ。

 3歳時にGI英国ダービー(イギリス・芝2410m)3着、GIアイリッシュダービー(アイルランド・芝2400m)2着という好成績はあるものの、GI勝利はなく、実績的には招待馬4頭の中で最も見劣る。今年も、GIキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(7月29日/イギリス・芝2400m)で3着と好走するも、その後は精彩を欠いたレースが続いている。

 しかしながら、アイダホのひとつ上の全兄はこれまでにGI6勝を挙げているハイランドリール。時計が出やすい良馬場に高い適性を持ち、その特徴は当然、弟も受け継いでいるはず。現に、今春のGIIハードウィックS(6月24日/イギリス・芝2400m)では、舞台となったアスコット競馬場としては比較的速い2分28秒9という時計で快勝している。

 兄同様に、水分を含んだ馬場を苦手とし、小回りコースもあまり得意ではないアイダホ。相手がそろった凱旋門賞(8着)はともかく、重馬場だった前走のGIカナディアン国際S(10月15日/カナダ・芝2400m)での4着大敗、小回りコースで行なわれた3走前のGIソードダンサーS(8月26日/アメリカ・芝2400m)の6着敗戦も、それなら納得がいく。

 日本の堅い馬場で、広い東京コースであれば、一発の可能性は十分にある。 欧州を代表する名馬の全弟であり、その潜在能力は相当なもの。レースを選択し、それに向けて馬を仕上げることでは、世界屈指の名厩舎である。しかも、手綱を取るのは、名手ライアン・ムーア。そうした背景を考えれば、「打倒・キタサンブラック」を果たしてもおかしくない。

◆「キタサンに勝てるのはサトノクラウン」という根拠>>

◆「いや、キタサンに勝つのはレイデオロ」という理由>>

■競馬 記事一覧>>