佐光紀子『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』(光文社新書)

写真拡大

子育て世帯では、仕事をもつ女性より仕事をもたない女性のほうが幸福度は高い。つまり「有職主婦」よりも「専業主婦」のほうが幸せと感じている。その理由について、翻訳家の佐光紀子氏は「専業主婦を前提とした『手づくり礼賛』とそれにまつわる『丁寧な暮らし』が働く女性を苦しめている」と分析する――。(第1回、全3回)

※本稿は、佐光紀子『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』(光文社新書)の第1部「完璧家事亡国論」を再編集したものです。

■女性の34.2%が「専業主婦になりたい」

2016年3月の『ニューズウィーク』にこんな記事があった。

「日本は世界一『夫が家事をしない』国」。

国際社会調査プログラム(ISSP)の2012年の調査で、調査に参加した33カ国中、18歳未満の子どもがいる男性の家事・家族ケア分担率の割合で、日本が最下位をマークしたという記事だ。ちなみに、日本の分担率は18.3%、ブービーメーカーのチリに劣ること6.2%で、ダントツのビリだった。

ひとつの理由は長時間労働の影響とされることが多い。だがもう一つ、日本の男性の家事参加率の低さを考える上で見過ごせないのが、女性側の家事に対する意識だ。

平成25年に三菱総合研究所が実施した「少子高齢社会等調査検討事業(若者の意識調査編)」から、男女の意識の差をのぞいてみたい。

調査では、男女それぞれに「結婚相手の女性に専業主婦になってほしいか」「結婚後は専業主婦になりたいか」と問いかけている。

これに対して、男性で「そう思う」「どちらかといえばそう思う」人は19.3%と2割を切る。そして半数の50.5%は、どちらともいえないと答えている。どちらともいえない……読み替えるなら、「まぁ、どちらでもいい」「結婚相手の意志に任せる」……ということだろうか。

これに対して女性はというと、34.2%が専業主婦になりたいと答えている。一方で、どちらでもいい人は27.2%、専業主婦になりたいと思わないという人は全体の38.5%と専業主婦になりたい人を5%弱上回る。

■専業主婦願望は世帯年収と大きくリンク

女性の場合、専業主婦願望は世帯年収と大きくリンクしている。世帯年収が400万未満で専業主婦になりたい人はおよそ30%だが、400万〜600万では43.9%、600万〜800万では37.5%、800万〜1000万だと48.1%が専業主婦を志向するようになる。

ところが、これが、世帯年収1000万を超えると、33.3%と平均を下回り、1500万を超える世帯ではそう思う人はゼロ、「どちらかといえばそう思う」人は12.5%と、夫婦で稼いで豊かな生活を享受している様子が感じられる結果となる。

なぜ、専業主婦になりたいと思うか(複数回答)については、41.5%の女性が「女性には家事や子育てなど、仕事をするよりもやるべきことがあると思うから」と答えている。「夫がしっかり働けるようにサポートするのが妻の役目だから」(19.8%)という人も2割ほどいる。

■「仕事よりもするべきこと」の理想型

つまり、夫は夫で残業で忙しい。その一方で、妻は妻で、家事をして夫の稼ぎを支えるのが自分の役割だ、と思っているという現実が、世界一家事をしない夫を作り出している社会の根底にある。

専業主婦になって「仕事よりもするべきこと」が具体的にどのようなものかという一つの理想型に「丁寧な暮らし」がある。読売新聞が運営する女性向け掲示板「発言小町」への投稿が、女性たちのあこがれるライフスタイルの一端を表している。

----------

専業主婦になって
丁寧な暮らしをすることに憧れています。
例えば
毎朝、雑巾で隅々まで床を拭くこと
ベランダで栽培したプチトマトを朝食のテーブルに出すこと
こだわった食材を選び、食事を作ること
靴箱の中の靴をじっくりと磨きあげること
押入れなど収納術を駆使して、部屋の中には無駄なものが無い。
子供が帰ってきたらホットケーキを焼いて一緒にティータイム。
いま思いつくままに書いてみました。
どれも憧れます。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2012/1012/546919.htm

----------

この投稿に対して、実に208件の書き込みがあった。実際に「丁寧な暮らし」をしている人の声もあれば、そんなものはすぐに飽きるから忘れなさいというアドバイス、私も丁寧な暮らしがしたいという共感の声。寄せられた意見は様々だが、関心の高さをうかがわせる。

■キーワードは「季節感」と「手づくり」

こうした「丁寧な暮らし」のアイコンの1人が、NHKのEテレで人気のベニシアさんだろう。京都大原に住むイギリス人ハーブ研究家のベニシア・スタンリー・スミスさん。ハーブが専門なので、「四季折々にハーブを育て、衣食住のあらゆるシーンに活用。料理やお茶などの食用はもちろん、シャンプーや化粧品、ワックス、洗剤、防虫剤など、ハーブを活用する」(http://www4.nhk.or.jp/venetia/)生活が紹介され、多くの女性のあこがれの的となった。

彼女を代表とする「丁寧な暮らし」のリーダーたちのキーワードは、季節感、そして手づくり。夏にはお手製のレモンバーム入り梅酒を楽しみ、クリスマスには定番のジンジャーブレッドを焼き、お手製のオーナメントを飾り……という暮らし。

一方、「丁寧な暮らし」を前面に出したウェブショップ、キナリノ(https://kinarino.jp/)でも、「めぐる四季を感じながら焼く、日常により添うお菓子」「今日の元気とキレイは自分で選ぶ! 素材を感じる、野菜&フルーツのレシピ集」といった特集が、美しい写真とともに並ぶ。ヘルシーで美しい生活は、生産者が込めて作った四季折々の食材を丁寧に調理することから……というライフスタイル提案だ。

こうした、季節感のある、厳選された素材を使って自ら作った食べ物、たとえば味噌や梅干し、パンといったものを、ゆったり味わい楽しむ生活は、ここまで述べてきたように、テレビや雑誌で「丁寧な暮らし」として取り上げられる。取り上げるというよりは、礼賛されているに近い。

■専業主婦でなければ実現できないライフスタイル

とはいえ、こうした手づくり中心の生活は、やはり時間的な余裕を必要とする。朝晩それぞれ1時間を通勤に費やし、8時間労働をしていては、とてもそんなことをする余裕はない。専業主婦というステータスを得て初めて実現できるライフスタイルであることは、明々白々だ。

労働政策研究・研修機構による「第4回(2016)子育て世帯全国調査」に、「この1年を振り返って、あなたは幸せでしたか」という質問に対して、「とても幸せ」を10点、「とても不幸」を0点として、母親にその評価点を尋ねるという項目がある。同研究所では、8点以上を「高幸福度」層として、その分布を見ている。

ふたり親世帯に限っていえば、「高幸福度」層は、2014年の第3回に続き専業主婦で高い。2014年のデータでは世帯年収650万円以上の所得者層では、専業主婦の75.7%が「高幸福度」層だ。平均してみると、専業主婦では「高幸福度」層が63.0%、有職主婦の場合は49.4%と大きな差がある。

この傾向は、前出の「少子高齢社会等調査検討事業(若者の意識調査編)」のものとも連動している。先にも見たが、世帯年収が400万未満で専業主婦になりたい人はおよそ30%だが、400万〜600万で43.9%、600万〜800万では37.5%、800万〜1000万だと48.1%が専業主婦を志向するのだから。

■「縁遠い暮らし」をメディアがあおる

専業主婦になって幸せと感じる年収のボーダーにある400万〜600万円というのは、どんな金額なのだろう。「平成28年 国民生活基礎調査」の概況の「各種世帯の所得等の状況」によると、日本人の平均所得金額は545万8000円と、600万には及ばない。世帯年収が600万を超える世帯は全体の3分の1、34.3%にとどまる。世帯年収は家族の収入の合算だから、夫が単身で稼ぐ専業主婦世帯の割合はさらに低いことになる。専業主婦は勝ち組だといわれるゆえんだろう。

一方で、世帯年収が「200万〜300万円未満」は13.7%、「100万〜200万円未満」が13.7%、「300万〜400万円未満」が13.2%。世帯収入が100万以上400万未満の家庭が4割を超えるのが実際のところだ。

こうしてみると、専業主婦はごく少数しかいない。そんな人たちの生活を前提とした「手づくり礼賛」とそれにまつわる「丁寧な暮らし」は、多くの生活者には縁遠いのが現実だ。そんな暮らしをメディアがあおることで、それが実現できない自分の現状へのフラストレーションが高まるとはいえないか。

専業主婦と有職主婦で幸福感に差が出るのは、こうした「主婦のあるべき姿」像と自分とのや、本来あるべき主婦業をまっとうしていないという周囲からの批判といったことも遠因ではなかろうか。

----------

佐光紀子(さこう・のりこ)
翻訳家、ナチュラルライフ研究家
1961年東京都生まれ。1984年国際基督教大学卒業。繊維メーカーや証券会社で翻訳や調査に携わったあと、フリーの翻訳者に。とある本の翻訳をきっかけに、重曹や酢などの自然素材を使った家事に目覚め、研究を始める。2002年、『キッチンの材料でおそうじするナチュラル・クリーニング』(ブロンズ新社)を出版。以降、掃除講座や著作活動を展開中。2016年上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科博士前期課程修了(修士号取得)。

----------

(翻訳家 佐光 紀子)