秋の「古馬三冠」の第2弾、GIジャパンカップ(東京・芝2400m)が11月26日に行なわれる。その「三冠」3戦をもって年内での引退を表明しているキタサンブラック(牡5歳)が、一冠目となる天皇賞・秋(10月29日/東京・芝2000m)を快勝し、ここでも断然の支持を集めて、昨年に続く連覇が濃厚と見られている。

 キタサンブラックにとって、この秋初戦となった天皇賞・秋。当日は1番人気に推されたものの、大惨敗を喫した宝塚記念(9着。6月25日/阪神・芝2200m)以来のレースで、土砂降りの不良馬場という不確定要素も相まって、決して”1強ムード”というわけではなかった。

 レースにおいても、スタートで致命的ともいえる出遅れ。早々に万事休すかと思われた。だが、そこからキタサンブラックは泥田のようなインコースをじわじわと進出。他の馬が避けたぬかるみをものともせず、直線半ばで堂々と先頭に踊り出ると、サトノクラウン(牡5歳)に迫られながらも、最後は余裕すら感じさせる走りを見せて1着でゴール板を通過した。

 出遅れや道悪をまったく意に介さない走りは、キタサンブラックの圧倒的な強さが強調される形となった。結果、ジャパンカップでは”1強ムード”の様相が色濃くなっている。

 はたして、誰がこの”現役最強馬”を止めることができるのか――。

 既存勢力とは完全に勝負づけが済んでしまった現状を踏まえれば、いまだに対戦がなく、相応の格を持つ馬がその候補となる。なかでも、その筆頭は、やはり今年の日本ダービー馬レイデオロ(牡3歳)となるだろう。



休み明けの神戸新聞杯を快勝したレイデオロ

 レイデオロについて触れる前に、少し同一年の日本ダービー(東京・芝2400m)とジャパンカップとの関連性を振り返ってみたい。

 ダービーと同じ舞台で開催されるジャパンカップ。”ダービー”というプレミアム感もあって、その年のダービー馬が出走すれば、必ずといっていいほど、上位人気に推される。

 ところが、ダービーとジャパンカップを同一年に制したのは、2001年のジャングルポケットのみ。1984年の三冠馬シンボリルドルフ(3着)をはじめ、1993年のウイニングチケット(3着)、1998年のスペシャルウィーク(3着)、2007年のウオッカ(4着)ら、そうそうたるダービー馬がジャパンカップでは涙を飲んできた。

 キタサンブラックという強大な”壁”を前にして、ダービー馬にはこうした不利なデータまであるのだ。それでも、レイデオロはその分厚い”壁”を打ち破ることができるのか。

「陣営にはかなりの勝算があるのではないか、と思います」

 そう断言するのは、日刊スポーツの木南友輔記者だ。その理由のひとつとして、まずローテーションに言及する。

「(レイデオロを管理する)藤沢和雄調教師が、ジャパンカップのあとのことをどう考えているかはわかりませんが、同師は早くから神戸新聞杯(9月24日/阪神・芝2400m)→ジャパンカップという、(レイデオロの)この秋のローテを明言していました」

 これまでジャパンカップに挑戦したダービー馬は、牝馬路線を歩んだウオッカ以外は、すべて牡馬クラシックの三冠目となるGI菊花賞(京都・芝3000m)を経由してきた。2000年にレーススケジュールが見直されて、それまで天皇賞・秋よりもあとに開催されていた菊花賞が、天皇賞・秋の1週前に行なわれるようになったとはいえ、まだ完成途上の3歳馬にとって、過酷な長距離戦での消耗は計り知れない。

 しかも、より強力な古馬と戦うために、短期間のうちに再度ピークの状態にもっていくことは、並大抵のことではない。それを考えれば、過去にその年のダービー馬がジャパンカップで振るわない理由がよくわかる。

 その点、今年のレイデオロは、二兎を追わずに一兎に絞り、菊花賞をあえてスキップ。ジャパンカップに照準を合わせたローテーションは、まさに万全と考えられるわけだ。

 再び、木南記者が語る。

「秋初戦の神戸新聞杯を圧勝したレイデオロ。そこで破ったキセキが、泥んこの菊花賞を難なく制覇。さらにダービー2着のスワーヴリチャードが、アルゼンチン共和国杯(11月5日/東京・芝2500m)で斤量56kgを背負って、古馬相手に完勝しました。それらのことを考えても、より実力上位のレイデオロなら、キタサンブラックにも十分、太刀打ちできると思います。

 神戸新聞杯の内容(好位から抜け出して後続に2馬身差)は、例年の勝ち馬以上のインパクトがありましたし、時計も上々。鞍上のクリストフ・ルメール騎手も自信を持って乗っていました」

 ただ、そうはいっても今年の3歳世代は、2歳時から「牝馬はハイレベル」と言われてきた。そして実際、ダービーの勝ち時計はオークスより2秒以上も遅かった。その分、いまだ3歳牡馬の実力については疑問視されている部分がある。

 だが、そんな今年のダービーのレース内容、さらにはその勝ち時計を鑑(かんが)みても、むしろ「買い」の材料になる、と木南記者は言う。

「ダービーの勝ちタイムが遅かったこと、ダービーの展開が異色だったことから、レイデオロの実力に疑いの目が向けられても仕方がないと思います。ただ、ちょっと皮肉な面があるんですが、藤沢和師がいつも悔しそうに振り返る(管理馬だった)ペルーサが負けた(6着)2010年のダービーも、超スローペースだったんですよ。タイムも今年と同じ2分26秒9と遅かった(勝ち馬はエイシンフラッシュ)。

 でも、その年のジャパンカップは、繰り上がりとはいえ、ダービー2着のローズキングダムが勝って、同3着のヴィクトワールピサが3着と好走。そういう意味では、ダービーの勝ちタイムが遅かったことを心配する必要はありません。

『遅い時計=低レベル』ということはないと思いますし、個人的な感想ですが、ダービーを好時計で勝つということは、その後の反動も大きいのではないでしょうか。現に、レコードを記録したキングカメハメハやドゥラメンテは、ダービーのあとに故障していますからね。それに比べて、ダービーを遅い時計で勝ったレイデオロは、消耗度も少なかったのでないか、と」

 消耗度で言えば、極悪馬場の天皇賞・秋を使った組と比較しても有利だ。

 また、主戦が同じ僚馬ソウルスターリング(牝3歳)も出走するが、陣営はルメール騎手を早くからレイデオロに据えて、この秋を迎えた。

「トレセンで間近で見ていても、レイデオロは明らかに春よりも馬が大きくなっています。そして、今回もダービーと同じく1週前と直前と2週連続で、(栗東所属の)ルメール騎手が(美浦での)追い切りに駆けつける予定です」(木南記者) 理想的なローテーションを組んで、万全の態勢で挑むジャパンカップ。レイデオロがジャングルポケット以来の快挙を遂げる可能性は大いにある。なにより、エリザベス女王杯、マイルCSと、3歳馬が古馬相手に立て続けにGIを制している今、この勢いに3歳の”総大将”が乗り遅れるわけにはいかない。

◆「ちょっと待て、打倒キタサンはサトノクラウンだ」説も浮上>>

■競馬 記事一覧>>