博多区の住吉神社に宿舎を構える浅香山部屋

写真拡大 (全3枚)

 大相撲の本場所は年6回。うち3回は東京(1月、5月、9月)、残り3回が大阪(3月)、名古屋(7月)、福岡(11月)と地方での開催となる。地方場所には、東京とは違った相撲の楽しみ方がある。

 まず注目すべきは「宿舎」だ。東京ではそれぞれの部屋から両国国技館へ向かうが、地方場所では各部屋が宿舎を借り、そこから通うことになる。他のスポーツとは違ってホテルではなく、神社や倉庫、公民館などを借り上げるのが一般的だ。宿舎には「土俵」を設置しなくてはならないからである。

 そのため部屋によって環境が大きく違ってくる。例えば元大関・魁皇の浅香山部屋は住吉神社内に常設された吹きさらしの土俵を使っているが、宇良や徳勝龍など5人の関取をはじめ36人の力士を擁する木瀬部屋は、屋内に土俵が3面も作られるという角界でも前例のない手厚い環境で稽古ができる。

 宿舎は基本的に毎年同じところを拠点にすることが多い。だが最近はより広い場所を求めて宿舎を移すケースが出てきた。

 例えば田子ノ浦部屋では、昨年の九州場所以降に横綱・稀勢の里と大関・高安が誕生したこともあって宿舎を新築。これまでの糟屋郡の公民館から大野城市内の新宿舎に移った。

 元横綱・武蔵丸の武蔵川部屋は、会場から車で1時間ほどの距離にある福岡県東部の中間市に宿舎を置いた。貴乃花部屋も同じく、車で1時間かかる福岡県中央部の田川市に宿舎を構えている。

 郊外を拠点とするメリットは、広い場所を確保できること、そしてファンとの触れ合いを増やせる点だ。地域振興として郊外の市町村が全面協力するイベントも多く行なわれている。

◆ファンとの距離の近さが魅力

 武蔵川部屋では親方や力士は「小学生相撲」や「植樹祭」などのイベントに参加し、市内の「イオンなかま」のオープンスペースで激励会が行なわれ、多くの市民が集まった。貴乃花部屋では、九州場所前に開催される「炭坑節まつり」に貴乃花親方や貴景勝らが参加。「田川チビッコ相撲大会」の審判や裏方として手伝い、炭坑節総踊りにも加わって市民と一緒に盛り上がっていた。

 千代大龍や千代の国など関取5人が在籍する九重部屋では、稽古場の周辺にファンが集まり、稽古後には人気力士の千代丸に赤ちゃんを抱っこしてもらう記念撮影に希望者が殺到。最後のひとりまで笑顔で記念写真に納まっていた。このファンとの距離の近さが、地方場所ならではの魅力である。

 タニマチや地元の有名人も稽古見学に多数訪れる。地方場所では米、肉、魚、野菜類はもちろんのこと、調味料や日常必需品までタニマチが差し入れしてくれるのが慣例。

 角界最高齢力士の華吹がちゃんこ長として切り盛りする立浪部屋でも、米や野菜などが山積みされていた。その立浪部屋には、飛天龍と同級生のプロ野球、ソフトバンクの本多雄一が顔を見せていた。

 場所前の「前夜祭」が行なわれるのも地方場所だけ。名古屋と大阪は新聞社主催で行なわれるが、九州場所では主催はNHK福岡放送局。本場所が開催される福岡国際センターの土俵で、郷土出身力士の琴奨菊と嘉風のトークショーや横綱土俵入り、チビッコ相撲、力士のカラオケなどが行なわれ、土俵を囲んだ500人が声援を送った。

 1年の締めくくりとなる九州場所の盛り上がりに日馬富士の暴行事件が水を差したが、その分、土俵の充実を期待したいところである。

■撮影/作田祥一、取材・文/鵜飼克郎

※週刊ポスト2017年12月1日号