「スター・ウォーズ」最新作はシリーズ最長

写真拡大

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は、シリーズ最長の作品となっているようだ。

12月15日公開となる同作の上映時間は2時間半となっており、2015年公開の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」よりも26分、これまでシリーズ最長だった2005年公開の「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」よりも10分長い作品だという。

最新作で監督と脚本を務めたライアン・ジョンソンは、パリで開かれた記者会見で、「この作品を書くにあたって本物の自由を感じたよ。とても自然なものだった。僕にとっては昔の作品を作っているようだった」と話していた。

そんなジョンソンだが、以前には同作の撮影開始時には圧倒されたと明かしていた。

「(撮影現場で)スロープや廊下を歩いている時、自分が子供の頃に『スター・ウォーズ』のアクションフィギュアで遊んでいた事が急に思い出されたよ。突然こみ上げてくるものがあって、とても幸せだった。急に襲ってくる感覚さ」

最新作にはデイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、マーク・ハミル、アダム・ドライバーらが続投しているほか、故キャリー・フィッシャーがレイア姫として最後の出演を果たしている。