映画『ナチュラルウーマン』アカデミー賞外国語映画賞 - トランスジェンダーの歌手を描くドラマ

写真拡大

映画『ナチュラルウーマン』が2018年2月より公開される。

トランスジェンダーの歌手が恋人の死をきっかけに、差別や偏見と闘いながら自分らしく生きる姿を描いた映画、『ナチュラルウーマン』。

ベルリン国際映画祭では脚本賞を受賞。辛口で知られる映画批評サイト「ロッテントマト」では100%フレッシュと高い評価を得て、第90回アカデミー賞ではアカデミー賞外国語映画賞を受賞した話題作だ。

ストーリー

舞台は、チリ、サンティアゴ。ウェイトレスをしながらナイトクラブで歌うマリーナは、身体の性と心の性が一致しないトランスジェンダー。年の離れたパートナー、オルランドと一緒に暮らしていた。

しかし、マリーナの誕生日を祝った夜、自宅のベッドでオルランドは意識が薄れたまま亡くなってしまう。突然直面した恋人の死をきっかけに、マリーナは思いがけないトラブルに巻き込まれていく。

愛する人を失い深い悲しみに暮れるマリーナに、無遠慮で容赦のない差別や偏見が浴びせられる。それでも彼女は最愛の人に別れを告げるため、女性として生きていく権利を胸に前を向いて歩くことを決意する。

自身もトランスジェンダーの歌手、ダニエラ・ヴェガが主演

ヒロイン・マリーナを演じるのは、自身もトランスジェンダーの歌手であるダニエラ・ヴェガ。逆境に屈せず美しく生きるマリーナの姿を演じきった。監督はチリ映画界出身のセバスティアン・レリオ。プロデューサー陣は『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』、『ありがとう、トニ・エルドマン』を手掛けた実力派だ。

【作品詳細】
『ナチュラルウーマン』
公開時期:2018年2月
監督・脚本:セバスティアン・レリオ
出演:ダニエラ・ヴェガ、フランシスコ・レジェス、ルイス・ニェッコ
原題:Una Mujer Fantástica / 英語題:A Fantastic Woman
配給:アルバトロス・フィルム

■ストーリー:
チリ、サンティアゴ。トランスジェンダーでナイトクラブのシンガー、マリーナは歳の離れたボーイフレンドのオルランドと暮らしていた。マリーナの誕生日を祝った夜、自宅に戻ると突然オルランドの意識が薄れ亡くなったことで、マリーナは思いもかけないトラブルに巻き込まれていく。それでもマリーナは女性として生きていく権利を胸に、自分らしさを守るための闘いに挑むことを決める。

© 2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA;PARTICIPANT PANAMERICA,LCC;KOMPLIZEN FILM GMBH;SETEMBRO CINE,SLU;AND LELIO Y MAZA LIMITADA
[写真付きで読む]映画『ナチュラルウーマン』アカデミー賞外国語映画賞 - トランスジェンダーの歌手を描くドラマ

外部サイト

  • 映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』ゲイリー・オールドマンが熱演
  • 映画『ジ・インサルト(英題)』タランティーノ組のジアド・ドゥエイリ監督、実体験を元にしたレバノン映画
  • 「午前十時の映画祭」全国58の劇場で、『タイタニック』や『トップガン』など不朽の名作を上映