レオナルド・ディカプリオ(Leonardo Dicaprio)、サラ・シュナイダー(Sarah Snyder) photo : Getty Images

モデルのトニ・ガーンとロレーナ・ラエ、ジュリエット・パーキンスとの同時交際説、つまり三股疑惑も浮上しているレオナルド・ディカプリオ。またしても新たなモデルとのデートシーンが目撃されている。

レオナルド・ディカプリオの新たなお相手として名前が浮上したのはサラ・シュナイダー。「サマンサタバサ」のミレニアルスターズのモデルとして、またジェイデン・スミスの元カノとしても知られている。なんとレオより21歳年下で現在22歳! 

2人は先週、ニューヨークでディナーに出かけているところを目撃。他の友達も一緒だったそうだけれど、レオとサラは隣に座り終始笑顔で楽しげなムードだったという。でも関係者は恋愛関係を否定。「サラとレオは単なる友達」「たくさんの友達を交えて付き合っているだけ」とコメントしている。

レオナルド・ディカプリオ(Leonardo Dicaprio)、サラ・シュナイダー(Sarah Snyder) photo : AFLO

ちなみにレオはこの日、オークションハウスのクリスティーズで開催されたレオナルド・ダヴィンチの「サルバトール・ムンディ(世界の救世主)」のオークションに出席していたという。この作品が芸術作品としては史上最高額で落札されたことは大きなニュースになった。なんとその額4億5030万ドル(約510億円)! 落札者が発表されていないので、一体誰が? と様々な憶測が飛び交っている。アートコレクターとして知られるレオ。新作ではレオナルド・ダヴィンチ役を演じることも報じられている。そのため「もしかしてダヴィンチになりきるために購入しちゃった?」という声もなくはないけれど、さすがに510億円かけた役作りはありえないはず。……多分。

text : Yoko Nagasaka