横綱にどんな処分が下されるのか(写真:共同通信社)

写真拡大

 もはや事件は、「不良横綱の狼藉」では済まない。日馬富士の刑事処分や“強制引退”で幕引きするには、事件の波紋が大きくなりすぎた。

「当人同士ではなく“親”同士の恨みが籠もっている。あの屈辱を晴らすためなら、貴乃花はどんなことでもする……」

 相撲協会幹部は、青ざめた顔で呟いた。過去にも、双羽黒や朝青龍が起こした「横綱の暴行問題」は相撲協会の屋台骨を揺るがした。しかし今回の“揺れ”はその比ではない。角界の暗部をあぶり出した騒動は、これから本格化する──。

◆記者は「質問禁止」

 たしかに、“情報統制”は九州場所初日の1週間前から始まっていた──福岡県田川市の石炭記念公園で11月5日に開かれた祭りに、貴乃花部屋の面々が集まっていた。

 地元イベント「田川チビッコ相撲大会」には、貴乃花親方や21歳の部屋頭・貴景勝(前頭1)をはじめ、部屋の関係者がこぞって参加。ただ、そこには前頭8枚目・貴ノ岩の姿だけがなかった。

 現地では記者に対し、部屋の力士たちへの個別取材禁止が伝えられた。場所前の親睦イベントであるにもかかわらずだ。

 まさしくこの日から、貴ノ岩は福岡市内の病院に極秘入院していた。下された診断は〈脳震盪、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間〉。貴乃花部屋では箝口令が敷かれ、その事実はひたすらに伏せられた。

「今回の事件は、『現役横綱による暴行』という一大事にもかからず、発生から発覚までの経緯は策謀が巡らされた形跡だらけで、改めて角界の闇の深さが浮き彫りになった」(協会関係者)

 モンゴル出身の横綱・日馬富士が同郷の後輩力士・貴ノ岩を殴打する事件が、巡業先の鳥取で起きたのは10月25日の夜。事件が表沙汰になったのは、九州場所3日目の11月14日朝だ。同日のスポニチが一面で暴行事件を“スクープ”。〈ビール瓶で思い切り殴打した〉という衝撃的な内容の記事で、日馬富士は謝罪、休場に追い込まれた。

 事件から発覚までの「空白の20日間」──実は、その間に、水面下の激しい暗闘が繰り広げられていた。

◆“手打ち”を断固拒否

 貴ノ岩の師匠である貴乃花親方は事件の4日後、10月29日に鳥取県警へ被害届を提出しながら、そのことを協会に報告しなかった。

「協会側は11月2日に鳥取県警から連絡を受けて初めて、暴行事件を把握した。翌3日には協会の危機管理担当理事・鏡山親方(元関脇・多賀竜)が、日馬富士の師匠である伊勢ヶ濱親方(元横綱・旭富士)と貴乃花親方に電話でヒアリングしていますが、双方ともに事件については“わからない”と答えるだけだった」(前出の協会関係者)

 つまり、事件は“対外的”に伏せられていただけでなく、“協会内”でも詳細が明らかにされなかったわけだ。もちろん、事件当事者の師匠である伊勢ヶ濱親方と貴乃花親方が、「当日に本当は何があったか」を知らないはずはない。

 この時、両者の間で秘密裏に“示談交渉”があったと証言するのは若手親方の一人だ。

「伊勢ヶ濱親方から貴乃花親方には、金銭による示談が持ちかけられたそうですが、貴乃花親方が断固として拒否した。一方、被害届を出された鳥取県警としても、現役の横綱を傷害容疑で捜査するわけですから、“捜査を始めてから示談になった”では困る。だから示談になるかを繰り返し協会に確認したといいますが、貴乃花親方は“取り下げるつもりはない”という考えを曲げなかった」

 貴乃花親方は水面下での“手打ち”に応じず、断固闘う姿勢を見せた。示談交渉が不調に終わるのと並行するタイミングで貴ノ岩は入院し、診断書が出された。そして、本場所が始まってからのタイミングで事件が表沙汰になったのである(相撲協会に事件公表が遅れた経緯、示談交渉の存在について問うたが、広報部は「調査中につき取材はお断わりする」とするのみだった)。

※週刊ポスト2017年12月1日号