提供:リアルライブ

写真拡大

【今週の予想】

☆東京4R 2歳未勝利(芝1600m)

 シルフィウムを狙う。前走はスタートで出遅れた上、デビュー戦ということもあり、回りを気にしながら走っていた面もあって、直線伸び切れず7着。それでも鞍上はバネがあると評価しており、素質を感じていた。2戦目の今回は一度レースを経験した効果で、追い切りの動きがピリッとしてきた。明らかに状態が上がってきており、今回変わり身を見せる。

◎シルフィウム
○ジョブックコメン
▲エレガントテソーロ
△₁ミツオサウスポー
△₂テトラドラクマ
△₃ゴールドシャッツ

買い目
【馬単】7点
◎→○▲△₁△₂△₃
○▲→◎
【3連複1頭軸流し】10点
◎‐○▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】20点
◎→○▲△₁→○▲△₁△₂△₃
○▲→◎→○▲△₁△₂△₃

☆京都10R 衣笠特別(芝1800m)

 レッドマジュールは、ここにきて気性面が大人になったことで、終いにしっかりと脚を使えるようになった。そのため、未勝利、500万条件と連勝した際は1400mであったが、前走は1800m戦でしっかりと折り合いが付き、33秒6の脚を使って1着と距離が伸びて良さが出た。坂のあるコースよりも平坦なコースに良績があり、京都の外回りはもってこいの舞台。今回はハイレベルなメンバーが揃ったが、その分配当妙味があり、今回こそ狙いたい。

◎レッドマジュール
○エッジースタイル
▲エイシンティンクル
△₁フロムマイハート
△₂フローレスマジック
△₃アンドリエッテ

買い目
【馬単】7点
◎→○▲△₁△₂△₃
○▲→◎
【3連複1頭軸流し】10点
◎‐○▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】24点
◎→○▲△₁→○▲△₁△₂△₃
○▲△₁→◎→○▲△₁△₂△₃

☆京都11R マイルCS(G)(芝1600m)

 出走馬の大半が前走道悪馬場でのレースであり、適性、疲労度を加味して予想する必要がある。特に前走天皇賞(秋)組は、疲労度は相当なものだろう。余程タフな馬でない限り、中2週では万全の状態で出走するのは難しい。ましてや今開催は雨の影響を受けることが多く、馬場の痛みが例年よりも早い。今週も土曜に雨予報が出ており、当日さらに馬場が痛む可能性が高く、ある程度パワーがなければ厳しい馬場になるだろう。万全の状態であれば本命に推す予定であった前走天皇賞(秋)組のサトノアラジンだが、最終追いを見る限り、時計は良い時と遜色ないが、手応え、動きが良い時よりも一息の印象。故に思い切ってここは無印とする。代わって本命に推すのはイスラボニータ。前走の富士Sでは、勝ったエアスピネルに0秒3差付けられる2着であったが、道悪馬場に加え、相手は夏に一度使われている上、斤量が1kg軽いなど、全てにおいてエアスピネルに有利な状況であった。今回は同斤量の上、叩き2戦目と逆転の条件は揃った。相手本線はエアスピネル。今年マイル戦で複勝圏を外したのは、前が壁となって追い出しが遅れた安田記念のみ。前走も好条件が揃っていたとはいえ、ゴール前では流す余裕があるほどの完勝。パワーがあるため、荒れた馬場も関係なく力を発揮できる。まとめて負かすならパワーがあり末脚強烈なレッドファルクス。以下、グランシルク、サングレーザー、ムーンクレストまで。

◎(12)イスラボニータ
○(11)エアスピネル
▲(7)レッドファルクス
△(13)グランシルク
△(4)サングレーザー
△(15)ムーンクレスト
好調教馬(7)(13)(15)

買い目
【馬単】5点
(12)→(7)(11)(13)
(7)(11)→(12)
【3連複1頭軸流し】10点
(12)-(4)(7)(11)(13)(15)
【3連単フォーメーション】20点
(12)→(7)(11)(13)→(4)(7)(11)(13)(15)
(7)(11)→(12)→(4)(7)(11)(13)(15)

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙への入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで選んだ4頭で決まり3連単100万円越えもあり。予想スタイルは馬の適性、過去のレース内容、調教を重視。