提供:リアルライブ

写真拡大

花井みなみ(仮名・23歳)

 大学時代、私は恋人がいながら浮気をしてしまったことがあります。当時、居酒屋でアルバイトをしていたのですが、そこで仲良くなった先輩と、仕事終わりに何度か飲みに行き、やがて深い関係に。先輩はバイト先の居酒屋から少し離れた場所に住んでいたため、近かった私の家に泊まることもありました。

 その際、当時付き合っていた彼は、よく私に連絡をくれていたのですが、バイト先の先輩と会っている時は、メールや電話を無視してしまうことが多かった。翌朝になってから「バイトで疲れて寝てた〜」と嘘のメールを送っていましたね。でも、別れたくはなかったので、その後もごまかし続けました。

 そんなある日、私の家のポストに差出人不明の封筒が入っており、中には、パソコンで書かれたと思われる手紙が入っていました。そこには、彼の言葉で、浮気相手と逢瀬を重ねていた日々が、かなり詳しく書いてあったのです。また、浮気をしているということだけでなく、私と先輩がお風呂に入った後、マッサージし合っていたことや、ベッドでの振る舞いまで、その場にいなければ絶対わからないことばかり。私は当時、アパートの1階に住んでいたので、もしかすると、わずかに開いたカーテンの隙間から、彼にずっと覗かれていたのかもしれないと思いました。

 そして、手紙の最後には、「酷い」「許さない」とも書かれており、私はすぐ彼に連絡しました。しかし、電話は繋がらず、メールの返信もなし。マッチングアプリで知り合った人だったため、共通の友人もおらず、今も音信不通状態です。現在まで特に嫌がらせなどは受けていませんが、いつか彼に復讐されるのではないかと思うと怖くなります。

写真・stock.photos