広瀬すず

写真拡大

坂元裕二脚本のドラマ『anone(仮)』が2018年1月から日本テレビ系で放送される。

【もっと大きな画像を見る】

『カルテット』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『Mother』『Woman』といった作品を手掛けている坂元裕二。オリジナル脚本による『anone(仮)』は、全てを失った少女が、ある老女と運命的な出会いをするところから始まる物語で、生きることの意味や人が生きていく上で本当に大切なものとは何かを問いかける内容になるという。

主演を務めるのは、10代最後の連続ドラマ出演となる広瀬すず。共演者には『Mother』『Woman』にも出演した田中裕子が名を連ね、演出は両作を手掛けた水田伸生が担当する。

広瀬すずは同作への出演について「坂元裕二さん脚本の『Mother』や『Woman』が、もともと大好きだったので、今回このドラマのお話を聞いた瞬間に、すごくうれしくて、今楽しみで仕方がないです!」とコメント。また「坂元裕二さんの生み出す脚本、水田伸生監督が作り出す世界、絶対にすごいドラマになるんじゃないかと思います。私も全力でついていこうと思います。ぜひ楽しみにしていて下さい」と意気込みを語っている。

共演の田中裕子は「『Mother』と『Woman』に続く坂元さんの脚本、水田さんの演出。お二人のエネルギーに『めまい』するような作品になると思います。ついていきたいです」とのコメントを寄せている。