競走馬ホリエモン、今回の勝ち星で負け癖を解消できるか!? (画像は前走8戦目のパドックにて撮影)

写真拡大 (全3枚)

 【高知競馬場/9月11日・第6競走】ホリエモンが勝った。初めてブッちぎった。後続に6馬身差をつけての圧勝だった。第1コーナーから2、3番手の好位置につけると、最終コーナー付近で一気にスパート。他の馬に影を踏ませない快勝だった。

 昨年の9月18日、プロ野球スト決行日・スポーツ界が揺れているさなか、中山競馬場でデビューした競走馬ホリエモン。高知競馬場に移籍した後もファンの声援に応えられず8連敗の実績だった。そして、デビューから1年が過ぎようとしていた9月11日、9戦目のレースで初めて白星をつけた。

 レース後、松木(まつぎ)調教師は「ぶっちぎった!今回のレースでは勝たんとイカンから」と興奮気味に語った。人気が先行するホリエモンを、出走を重ねる度に大きくなるプレッシャーを抱えながら、ついに初勝利に導いて見せた。高知競馬への移籍前には、脚元に故障を抱えていたホリエモン。難しい調教を強いられたが、レースで勝利するまでに再生させていた。

 高知競馬場は、他の競馬場で走れなくなった競走馬を支援する体制をしいており、評価を集めているが、今回も競走馬がいやがる夏場の期間2ヶ月(高知競馬場には7月7日に登録)の短い期間で、レースに勝つ競走馬をつくりあげた。

 ホリエモンには、“馬名命名企画”や優勝した場合の賞金をユーザ同士で“ポイントとして山分け”するというファンサイトがある。今回の賞金100,000円は、初めて“山分け”されることになる。→【競走馬/ホリエモン】応援ファンクラブ(登録会員数/約9,325名・9月11日現在)


■出走情報
・出走レース=高知競馬場・第6競走(天候:曇 馬場:不良)
・出走頭数=11頭
・発走=13時35分、2枠・2番
・コース=ダート1300m 右回り
・騎手=西川 敏弘(ニシガワ トシヒロ)騎手

■レース成績
1着 ホリエモン     牡3 タイム1:25:08 1番人気
2着 タマテバコ     牝3 タイム1:27:01 3番人気
3着 ヤンチャナウララ  牝3 タイム1:27:08 6番人気
4着 マルタカコマンダー 牡3 タイム1:28:02 6番人気
5着 ロードオール    牡5 タイム1:28:02 5番人気
6着 シスタージーン   牝3 タイム1:28:03 2番人気
7着 キセキノハッスル  牝2 タイム1:28:09 9番人気
8着 ケイエスバガー   牝3 タイム1:28:09 11番人気
9着 ミヤビチャンプ   牡6 タイム1:29:03 9番人気
10着 ケイエスサンキュー 牡3 タイム1:29:08 6番人気
11着 マイネルザルーラー 牡3 タイム1:29:09 4番人気■関連リンク
・ホリエモンを応援しよう!優勝賞金をポイントで山分け-競走馬ホリエモン応援ファンクラブ
・ホリエモンのこれまでの歩み-ホリエモン公式Blog
・競馬最強の法則×livedoor スポーツ!競馬予想ならこちら-競馬最強の法則WEB