映画「スター・ウォーズ」新3部作の製作決定 - ライアン・ジョンソンが1作目を監督

写真拡大

映画「スター・ウォーズ」新3部作の製作が決定。2017年12月15日(金)公開のシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の封切りを前に、ウォルト・ディズニー・スタジオ傘下のルーカスフィルムが発表した。

「『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を監督したライアン・ジョンソンの“はるか彼方の銀河への旅”は、まだ始まりに過ぎません」という、シリーズ恒例のオープニングロールの言葉とかけた米スター・ウォーズ公式サイトの声明の通り、新3部作の1作目はライアン・ジョンソンが監督と脚本を手掛ける。また、同氏と長年の共同作業者であるラム・バーグマンが製作を担当する。

気になるストーリーについては詳しく判明していないが、これまでのシリーズで核となってきたスカイウォーカー家を巡る物語とは切り離されたものとなるという。また、未だかつて描かれていない銀河辺境の新たなキャラクターが登場するとも伝えられた。

ライアン・ジョンソンとラム・バーグマンは「『スター・ウォーズ』は最も偉大な近代神話であり、私たちはそのシリーズに貢献する事ができてとても幸運だと感じています。新たなシリーズに取りかかるのを今から待ちきれません」とコメントを残している。


[写真付きで読む]映画「スター・ウォーズ」新3部作の製作決定 - ライアン・ジョンソンが1作目を監督

外部サイト

  • スピルバーグ監督映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』M・ストリープ&T・ハンクス初共演
  • 『ラブ・アクチュアリー』シネマ・コンサートが東京&大阪で開催 - 巨大スクリーン×フルオーケストラ
  • 映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』中世日本が舞台のストップモーションアニメ、スタジオライカ最新作