5回東京競馬4日目(11月12日・日曜日)予想・橋本 千春

★影武者使って勝ちにこだわるトウショウドラフタ。もう負けられない★

東京11R「オーロカップ」芝1400
◎トウショウドラフタ
○モンドキャンノ
▲ディバインコード
△トウショウピスト、ロサギガンティア
 今度とお化けは出たためしがない、というが、今度こそトウショウドラフタが決める。期待した信越Sはペースが落ち着き、5着(0秒6差)と不発に終わったが、敗因は明らか。しかし、今回はオーナーメイトのトウショウピストが捨て身の逃げを打ち、レースを引っ張る。ドラフタの勝利を援護する作戦なのだ。前走の二の舞をすることはないだろう。ここまで3勝を挙げている、東京1400辰望魴錣替わるのも強調材料。もう言い訳は許されない。

★一発でメドを立てた、スターオブペルシャが順当にチャンスをつかむ★

東京10R「奥多摩S」芝1400
◎スターオブペルシャ
○ロワアブソリュー
▲タイセイスターリー
△エントリーチケット、クライムメジャー
 白秋Sはアタマ差2着と惜敗、3連勝のチャンスを逸したスターオブペルシャ。しかし、内容は勝ちに等しいもの。最後の直線で窮屈な内に入り、スムーズに加速できなかったことが響いた。フットワークが大きいためだが、実力を疑う余地はない。昇級2戦目でクラス慣れも見込めるし、普通に走ってくれば勝てるハズ。

★円熟の域に達した、ルージュバックがついに悲願のGIを奪取する★

京都11R「エリザベス女王杯」芝2200
◎17ルージュバック
○16ヴィブロス
▲12スマートレイアー
△7クイーンズリング、11ディアドラ
 「(オールカマーは)イメージと違うレースだった。勝ってビックリ」。ルージュバックの大竹調教師は嬉しい悲鳴を上げる。スローペースを見越し、速めに動いて並み居る牡馬を差し切ったのだから、天晴れ。脚質に幅が出た証しで、ここに大きく望みをつないだ。もともと、実力はGIレベルと、早い時期から評価の高かった逸材。結果はオークス2着にとどまっているが、円熟の域に達した今こそ千載一遇のチャンス到来だ。乗り替わりも、世界トップレベルの腕利き、ムーア騎手なら全く心配無用。期待できる。

★GIで強敵相手に闘ってきた、ウインブライト。GIIIハンデ戦ならチャンスは大きい★福島11R「福島記念」芝2000
◎3ウインブライト
○16サンマルティン
▲13スズカデヴィアス
△7フェルメッツァ、15フルーキー
 休み明け2戦目で上積みの大きい、ウインブライトが混戦に断を下す。その毎日王冠は10着に終わっているが、本来が使われて良くなるタイプ。百戦錬磨の古馬勢相手に0秒6差なら決して悲観することはない。これからまだまだ強くなる3歳馬でプラスアルファは測り知れないし、1度使ってガラリ一変するシーンは十分ある。もちろん、実力の裏付けも確か。2連勝で皐月賞TR・スプリングSを制しているのだ。ここは条件的に絶好の狙い目。