門脇麦

写真拡大

山崎賢人主演の連続ドラマ『トドメの接吻』に門脇麦が出演していることがわかった。

【もっと画像を見る(2枚)】

2018年1月から日本テレビ系で放送される同作は、過去のある事件をきっかけに誰も愛さず、女を弄んで成り上がることだけを狙うナンバーワンホスト・堂島旺太郎が主人公。謎の女の「死の接吻」によって殺され、7日前にタイムリープする「死のループ」を繰り返す旺太郎が、金と権力を追い求めながら死のループの謎を追うというあらすじだ。

同作では、登場人物の「キスリレー」によってキャストを発表。これまでに旺太郎役の山崎賢人と、目元を隠された女性が顔を近づけているビジュアルが公開されていた。脚本はドラマ『デスノート』『仰げば尊し』などのいずみ吉紘が担当。

今回出演が発表された門脇麦は、旺太郎の前に突然現れる「キスで殺す女」を演じる。クリスマスイブの夜にサンタクロースの恰好で現れ、逃げる旺太郎をどこまでも追いかけるという役どころだ。

門脇麦は「久しぶりの山崎さんとの共演、他のキャストの方々も素敵な方ばかりだし、監督はじめスタッフの皆さまの作品への士気の高さ、今からわくわくが止まりません。今回はオリジナルストーリーなので私も先の展開が見えないですし、視聴者の皆さまと一緒にドキドキしながら撮影を楽しみたいと思います」とのコメントを寄せている。

なお今回の発表とあわせて門脇が謎の男性とキスしようとしている姿を写した「キスリレー」の新たなビジュアルが公開。この男性は「完璧紳士の御曹司」というキャラクターで、演じるキャストは11月16日に発表される。