Photo by amira_a(写真はイメージです)

写真拡大

 女優・吉永小百合(72)が来日中のトランプ米大統領に「反戦苦言」を呈するも、それを受けてSNSなどで若い世代から大ブーイングを浴びている。

「トランプが10月3日のハワイ滞在中にツイッターで『Remember #PearlHarbor』と発言したことに対し、吉永は『“パールハーバーを忘れるな”とおっしゃったようですが、広島や長崎、福島、そして第五福竜丸のことも忘れないでほしい』と発言したんです。吉永はその日、『第五福竜丸展示館』を訪問していたので、それにひっかけて反戦を訴えたかったのでしょうが、福島第一原発での事故はアメリカには関係ないだろうと、大女優の行き過ぎた反戦アピールに批判が集まっています」(週刊誌記者)

 吉永が米軍による広島や長崎での核の使用を非難するのは理解できる。54年にビキニ環礁で“死の灰”を浴びた第五福竜丸も米軍の水爆実験が原因であるからそれは分かる。しかし、福島での放射能漏れをトランプに抗議するのはまったくの筋違いであろう。仮に吉永が「福島第一原発がアメリカGE製」であることの製造責任を問うているとしても、GEの技師が1975年に福島第一原発の欠陥を指摘していることを考えれば、それを隠蔽した東京電力をまず責めるべきだ。

 SNSなどでも「しれっと福島を入れ込んくるのが怖い」「なんで福島? すごい言いがかり」「一般国民の間では、福島でのアメリカはトモダチ作戦で助けてくれた側になっている」と批判の声が飛び交っている。■「北朝鮮帰国運動」を支援した過去は不問の吉永小百合

「吉永がここ数年、ネットで保守層に叩かれ始めた裏には、過去に自分が出演した作品の功罪を一切振り返ろうとはしないことがあります」と説明するのは、ある新聞社の記者だ。

「吉永の出世作といえば『キューポラのある街』(62年/浦山桐郎監督)です。しかし、この作品の根底にあるのは極左思想で、当時の北朝鮮を楽園のように描き、在日朝鮮人の”北朝鮮帰国運動”を支援する結果になりました。北朝鮮を楽園だと信じて渡った9万人の人たちは、現地で最下層の身分差別を受け、過酷な食料環境に耐えながら今も暮らしている。左派で有名な脚本の今村昌平でさえ、生前『北朝鮮は天国だとデタラメを書いてしまった』と後悔していました。しかし、吉永はその問題をなかったことにして触れず、『平和』だ『反戦』と叫んでいるので人間性が疑われているんです」

 吉永は、なぜ「反核」を訴えたいのなら今まさに進行形で核を使おうとしている北朝鮮について何も言及しないのか。反戦を叫ぶのも結構だが、いま我が国が直面する危機を忘れているのではないか。彼女の出演作が遠因となり、今現在も北朝鮮に暮らしている不幸な日本人たちに成り代わり、平和ボケしたベテラン女優に「リメンバー北朝鮮」の言葉を贈りたい。文・麻布市兵衛(あざぶ・いちべい)※1972年大阪府出身。映像作家、劇団座付き作家などを経て取材記者に。著書は『日本の黒幕』、『不祥事を起こした大企業』(宙出版)など多数あり。