東京駅で「映画ポスター名品選」ゴダールから邦画まで、国立近代美術館フィルムセンターの所蔵品より

写真拡大

東京駅丸の内口にある「行幸地下ギャラリー」にて、映画ポスターを展示する企画「東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵 映画ポスター名品選」が、2017年11月10日(金)から12月25日(月)まで、開催される。

設立以来、映画のフィルムや関連資料を収集・保存してきた東京国立近代美術館フィルムセンター。「東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵 映画ポスター名品選」では、そんな所蔵資料の中から歴史的価値の高い映画ポスターが披露される。

展示されるポスターは、所蔵する映画ポスターの軸となる3つのコレクションから厳選。ジャン=リュック・ゴダールやジャック・タチといった名監督を初めて日本に紹介した新外映配給株式会社のポスターコレクション“戦後期フランス映画のポスター(新外映コレクション)”と、映画資料コレクター・御園京平が生涯をかけて収集したコレクション“戦前期日本の映画ポスター(みそのコレクションほか)”、ロシア・アヴァンギャルドなどロシア映画の貴重なポスターを日本にもたらしたロシア映画研究家・袋一平のコレクション“無声期ソビエト映画のポスター(袋一平コレクション)”の3つだ。それぞれのコレクションから10点ずつ、計30点の映画ポスターが紹介される。

展示形態は、デジタル画像からの出力による複製展示となっている。20世紀以降、常に人々を魅了してきた映画文化の豊かさを再発見する機会になるだろう。

【詳細】
「東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵 映画ポスター名品選」
期間:2017年11月10日(金)〜12月25日(月)
会場:行幸地下ギャラリー(東京駅丸の内口) ※地下の歩行者専用道路に沿ったガラスショーケース内

【問い合わせ先】
03-5777-8600(ハローダイヤル)


[写真付きで読む]東京駅で「映画ポスター名品選」ゴダールから邦画まで、国立近代美術館フィルムセンターの所蔵品より

外部サイト

  • シュルレアリスム作品の展覧会を横浜美術館で開催 - ダリやマン・レイ、マグリットなど
  • 映画『ゴッホ〜最期の手紙〜』全編が“動く油絵”のアートサスペンス、巨匠ゴッホの死の謎に迫る
  • ピエール・エルメ・パリ青山のリッチな朝食「プティデジュネ」、焼き立てを頬張る贅沢体験