調教師・角居勝彦氏が「着順」についての見方を語る

写真拡大

 馬連を買っていれば「また2着3着かよ!?」、ワイドや3連複を買っていれば「惜しい4着!」。レース後のこんな悲哀は競馬ファンなら何度も味わっているところだ。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、調教師としては何着であれば馬主に顔が立つのかについて打ち明ける。

 * * *
 馬が勝った時、私たち陣営と応援してくれたファンの方々の歓喜はピタリと一致します。人気があろうとなかろうと、レースに出すからには、常に勝たせることを考えています。しかし現実問題として着順が下がるにつれ、両者に微妙な乖離が生まれることになる。

 陣営が「3着なら、よく頑張った。強い相手が揃っていたし」などと自足するところでも、馬連を買っているファンからすれば「3着かよ〜」となりますね。私たちは、ファンの期待に応えられなかった悔しさを見つめなければいけません。

 この乖離が、最も大きくなるのが4着、5着ではないでしょうか。馬券的には「ハナ差の4着」というのは、何の役にも立ちません。馬券を買ったファンにとっては4着でも5着でもどうでもいいことです。

 しかし馬を走らせた側には通常8着まで、重賞ともなれば10着まで賞金が出ます。たとえばGIで天皇賞(秋)ともなれば、4着でも2300万円。これは平場のオープン特別勝ちとほぼ同額、5着でも1500万円です。重賞の場合、収得賞金が加算されるのは2着までですが、4着以下でも着順を一つでも伸ばすことがいかに大事か分かります。

 調教師として馬主さんに顔が立つのは掲示板に載る5着以内。未勝利戦でも5着に入れば、預託料1か月分の負担がほぼなくなります。

 未勝利や500万条件だと、次走の優先出走権を得ることもできるので、プランが立てやすくなります。このクラスは出走馬ラッシュなので、場合によっては2か月以上使えなくなってしまうことがある。時期にもよりますが、あまりに間隔が開きすぎると、健康状態も維持できなくなるので、放牧に出すしかないということになってしまう。

 お金のことだけ考えれば、上の条件で6〜8着でも相殺できそうですが、その馬の今後を考えると、「6着でもいい」とはいえない。上位を狙う意識がないと、クラスが上がったときに、勝負にならない。常に高いクオリティーを考えておかないといけません。

 角居厩舎は、今年(10月22日終了現在)地方中央合わせて出走回数が287。47勝2着43回で勝率0.164、連対率0.312。5着以内に入ったのは計170回で、6割近い「掲示板率」となっています。リーディング争いは1着の数で競いますが、上位厩舎はこの「掲示板率」が5割を超えているのではないかと思います。

 上位に食い込めば次レースへの様々な展望が開けます。たとえば先の10月14日東京の府中牝馬S。トーセンビクトリーは5着、勝ったクロコスミアとはコンマ3秒差でした。馬券を買ってくださったファンには申し訳ありませんが、2〜4着の3頭がGI馬ですから、よく頑張った。直線も先頭に立つシーンがあり、私も思わず声を上げていました。後ろから行って差し届かずの5着とは違って、次走・エリザベス女王杯へのいい物差しになります。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。2000年に調教師免許取得、2001年に開業。以後16年で中央GI勝利数24は歴代3位、現役では2位。(2017年10月22日終了現在)今年は13週連続勝利の日本記録を達成した。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカなど。『競馬感性の法則』(小学館新書)が発売中。

※週刊ポスト2017年11月10日号