提供:リアルライブ

写真拡大

【今週の予想】

☆東京3R 2歳未勝利(芝1600m)

 ライレローズは、前走直線残り300mあたりまで持ったままの絶好の手応えで、いざ追い出されるとあっという間に抜け出し、完全に勝ちパターンであったが、後方からオハナが33秒6の上がりで追い込み、ゴール寸前で差し切られた。それも重馬場で、上がり3ハロンのレースラップが12秒2-11秒1-11秒0とゴールまで加速する底力が必要なレースであった。それで差し切られるのだから、相手が悪かったとしか言いようがない。3着馬には0秒5差を付けており、2頭の力が抜けていた。今回のメンバーでは負けられない。

◎ライレローズ
○マダムジェニファー
▲コスモフェリーク
△₁マルターズルーメン
△₂ボリュームラベル
△₃ユーファルビア

買い目
【馬単】4点
◎→○▲△₁△₂
【3連複1頭軸流し】10点
◎-○▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】16点
◎→○▲△₁△₂→○▲△₁△₂△₃

☆東京8R 3歳以上1000万下(芝1600m)

 アルジャンテは、昨年秋に500万下、1000万下条件と連勝し、今年2月に昇級初戦を休み明けで2着に好走しており、降級した今のクラスなら上位の力を持っている。前走は出遅れてしまい、道中は15番手からの競馬で届かず8着。スパッと切れる脚があるタイプではなく、後方からでは厳しかった。反応が遅いタイプだけに、1ハロンの距離延長も歓迎。今回のメンバーなら勝ち負け必至。

◎アルジャンテ
○プルメリアスター
▲ルネイション
△₁オンタケハート
△₂ペイドメルヴェイユ
△₃ニシノアップルパイ

買い目
【馬単】6点
◎→○▲△₁△₂△₃
○→◎
【3連複1頭軸流し】10点
◎-○▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】20点
◎→○▲△₁→○▲△₁△₂△₃
○▲→◎→○▲△₁△₂△₃

☆京都8R 3歳以上500万下(芝2000m)

 ブレッシングテレサの復活に期待する。デビュー戦勝利以来、掲示板すらない本馬であるが、そのデビュー戦は、現在1000万下条件のエイシンティンクルに0秒2差を付けての勝利で、その後を期待させる内容。2戦目に忘れな草賞を選択したのも期待の表れであったが、精神的に苦しくなったのか、その後のレースでは全力を出し切らずの敗戦が続いていた。潜在能力はこのクラスでは上位のため、如何に最後まで集中して走らせることが出来るかがカギとなる。追い切りではしっかりと動けており、十分力を発揮できる状態で、転厩で心機一転出来ていれば、一発があってもおかしくない。

◎ブレッシングテレサ
○アグネスリバティ
▲メイケイレジェンド
△₁メイショウタチマチ
△₂アドマイヤローザ
△₃メルヴィンカズマ

買い目
【馬連】5点
◎-○▲△₁△₂△₃
【3連複1頭軸流し】10点
◎-○▲△₁△₂△₃
【3連単2頭軸マルチ】24点
◎○⇔▲△₁△₂△₃

☆東京11R アルゼンチン共和国杯(GII)(芝2500m) スワーヴリチャードは、ダービーの激闘の疲れで始動が遅れたが、無理をせず目標を切り替えて調整してきた甲斐があり、ここに来てグッと動きが良くなってきた。春とは違い、各パーツにメリハリが付き成長が感じられる体つきになった。ダービー2着の実績からもこの舞台はベスト。古馬と初対戦でも問題ない。相手本線はアルバート。前走はデキが良く好勝負を期待したが、4角で不利があり不完全燃焼のレースとなってしまった。今回は一度使われてさらに状態は上がっており、58.5kgのトップハンデでも十分勝ち負けできるだけの仕上がりで、複勝圏内に来る可能性は高いと見る。まとめて負かすならセダブリランテス。以下、レコンダイト、ソールインパクト、プレストウィックまで。