【今週デビューの注目馬】

☆アプルーヴァル

 2017年11月5日(日)京都第5R芝2000m戦に出走予定のアプルーヴァル。馬名の由来は「賛成、承認」。牡、鹿毛、2015年2月16日生。栗東・音無秀孝厩舎。父オルフェーヴル、母ファシネイション、母父シンボリクリスエス。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主は近藤英子氏。近親には04年阪神大賞典(GII)など重賞を3勝したリンカーン(父サンデーサイレンス)や、07年皐月賞(GI)を勝ったヴィクトリー(父ブライアンズタイム)がおり、叔母には16年スイートピーSを勝ち、同年のオークス(GI)で4着となったジェラシー(父ハービンジャー)がいる。本馬は操縦性が良さそうなきりっとした顔立ちをしている。全体的にまだ幼い馬体をしているが、バランスが良く無駄のない造り。上質で柔軟性のある筋肉が付いており、切れのある走りが期待できる。出走予定を3週伸ばした甲斐があり、ここに来てグンと動きが良くなってきた。10月26日の坂路では、4ハロン50秒9と抜群の動き。入厩から入念に乗り込まれており、デキに関しては文句なし。幼い馬体といえ、これだけの動きが出来るのだから初戦から十分勝ち負けになる。なお、鞍上には横山典弘騎手を予定している。

☆ユーキャンスマイル

 2017年11月5日(日)京都第5R芝2000m戦に出走予定のユーキャンスマイル。馬名の由来は「笑ってごらん」。2015年5月3日生。栗東・友道康夫厩舎。父キングカメハメハ、母ムードインディゴ、母父ダンスインザダーク。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主は金子真人ホールディングス。母は09年府中牝馬S(GIII)の勝ち馬。全兄には芝で3勝を挙げたノガロ(父キングカメハメハ)がいる。本馬は胴長ではあるが、それ以外のパーツは父キングカメハメハに似てしっかりした造り。それでいてしなやかさがあり、良い脚を長く使いそう。距離も長い方が良く、2000m以上で活躍しそうだ。こちらも入念に乗り込まれており、状態は万全。なお、鞍上には武豊騎手を予定している。

※出走予定競走には、馬の体調、抽選非当選により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。