例年、秋のGIシリーズの谷間に行なわれるGIIアルゼンチン共和国杯(11月5日/東京・芝2500m)。近年は、ここをステップにしてGI戦線で活躍する馬も多く、レベルの高い争いとなっている。

 それもあってか、最近の結果を見てみると、比較的”堅く”収まっていることがわかる。ここ3年は上位4番人気以内の馬が3着までを独占しており、実力どおりの決着で終わっている。

 とはいえ、過去10年の結果を振り返れば、伏兵馬の台頭がなかったわけではない。それを参考にして、今年のレースで狙えそうな穴馬を探してみたい。

 過去に波乱を起こした馬の傾向を見てみると、以下のような3つのパターンに分けられる。

(1)その年に重賞で好走していながら、直前で惨敗しているか、近走がパッとしない馬
(2)下級条件やオープン特別を勝ち上がってきたばかりの上昇馬
(3)近走は不振続きも、過去に3000mを超える長距離重賞での好走歴がある馬

(1)の代表例となるのは、2009年に11番人気で金星を挙げたミヤビランベリや、2013年に7番人気で勝利を飾ったアスカクリチャン。前者はその年に重賞を2勝、後者はGIIで2着、GIIIで3着と好走していたが、直前の成績から人気を落としていた。

(2)の例で挙げられるのは、2007年に9番人気で3着となったリキアイサイレンスや、2010年に9番人気で3着と奮闘したコスモヘレノスなどがいる。とりわけ、コスモヘレノスは1000万条件を勝ち上がったばかりだったが、その調子のよさを生かしての激走だった。

 また、直前のレースで勝ってはいないが、2011年に8番人気で3着入線を果たしたカワキタコマンドも、前々走の1600万条件を勝って、前走のオープン特別でも2着。上り調子で挑んで、好結果を残した。

(3)の例としては、2007年に10番人気で2着に突っ込んできたトウカイトリック、2009年に10番人気で3着に食い込んだヒカルカザブエがいる。

 トウカイトリックは、3000m超の重賞で好走を繰り返し、同年のGI天皇賞・春(京都・芝3200m)でも3着になるなど、生粋のステイヤーだった。直前のGII、GIでは惨敗を続けて低評価に甘んじたが、長距離戦での強さがモノを言うこの舞台でその底力を発揮した。

 ヒカルカザブエも、GI天皇賞・春こそ7着に敗れたが、その前のGII阪神大賞典(阪神・芝3000m)では2着と好走。同馬も敗れた天皇賞・春からの休み明けが嫌われて人気を落としたが、長距離実績を生かして健闘した。

 ということで、これらのパターンに当てはまる馬を探せばいいのだが、今年の出走馬と照らし合わせてピックアップしてみると、すべて人気馬になってしまいそうなのだ。

 例えば(1)のパターンで考えてみると、今年2月にGIIIダイヤモンドS(2月18日/東京・芝3400m)を勝ちながら、その後は天皇賞・春(5着。4月30日)、そして前走のGIIオールカマー(7着。9月24日/中山・芝2200m)で苦杯をなめたアルバート(牡6歳)がぴったり。同馬は(3)のパターンにも当てはまるが、2〜4番の上位人気になる可能性が高い。

(2)のパターンについても、今年なら前走でオープン特別の丹頂S(9月3日/札幌・芝2600m)を制したプレストウィック(牡6歳)が該当する。しかしこちらも、上位4番人気以内には入ってくるだろう。

 また、前述したコスモヘレノスのように、このレースは3歳馬の台頭もよく見られるが、今年の3歳馬はスワーヴリチャード(牡3歳)、セダブリランテス(牡3歳)と、ここで人気を二分しそうな2騎。とても穴馬としてピックアップすることはできない。

 こうなると、冒頭でも「ここ3年は上位4番人気以内の馬が3着までを独占」と記したように、今年もここに挙げた4頭で勝負するのが妥当なのかもしれない。やや手薄なメンバー構成を見ても、堅く収まりそうな雰囲気が漂っている。

 とはいえ、競馬は何が起こるかわからない。”穴党”であれば、常に波乱を期待したくなるものだろう。ゆえに、ここではほんの少しの荒れる可能性に賭けて、一発がありそうな馬を見つけ出したい。

 そこで、過去に波乱を起こした穴馬の3つのパターンに少しでも似たような馬がいないか、再度出馬表を見渡してみた。すると、それぞれのパターンで1頭ずつ穴馬候補が浮上した。

(1)のパターンは、ハッピーモーメント(牡7歳)。同馬は3走前のGII目黒記念(5月28日/東京・芝2500m)で3着に入線したが、その後はGIII新潟記念(9月3日/新潟・芝2000m)で9着、GII京都大賞典(10月9日/京都・芝2400m)では15着と凡走を続けている。

 そうした状況から人気になりそうな気配はないが、今回は好走した目黒記念と同じ舞台。再び大駆けがあってもおかしくない。

(2)のパターンでは、シホウ(牡6歳)が面白そうな存在。前走ではオープン特別のオクトーバーS(10月15日/東京・芝2000m)で9着に敗れているが、その前は1600万下のグリーンS(6月4日/阪神・芝2400m)をレコード勝ち。上昇傾向にあったことは間違いない。

 考えてみれば、前走は昇級初戦でありながら、およそ4カ月の休み明けだった。しかし今回は、叩き2戦目で、距離延長もプラス材料だ。斤量53kgという軽ハンデを生かしての一発に期待したい。


9歳馬のカレンミロティックに大激走を期待する

(3)のパターンで挙げるのは、カレンミロティック(せん9歳)。前走の京都大賞典ではおよそ11カ月ぶりのレースで8着と惨敗し、昨年もパッとした成績は残していない。それでも、3200mの天皇賞・春(2016年5月1日)では2着と奮闘し、一昨年の同レース(2015年5月3日)でも3着。GIの舞台でも長距離戦では好結果を出してきた。

 アルゼンチン共和国杯は、3000m超のレースで良績を残してきたステイヤーが波乱を演出してきた。これまでゴールドシップ、キタサンブラックらと僅差の勝負を演じてきた大ベテランが、あっと言わせても不思議ではない。 今後のGI戦線でも活躍しそうな期待馬に注目が集まるアルゼンチン共和国杯。その間隙を突きそうな穴馬に、かすかな希望を賭けてみるのも悪くない。

■競馬 記事一覧>>