3回福島競馬初日(11月3日・金曜日)予想・橋本 千春

☆福島1200辰離好撻轡礇螢好函▲織吋轡腑Ε戰好箸2着続きにピリオドを打つ
福島11R「河北新報杯」芝1200
◎5タケショウベスト
○8キョウワゼノビア
▲7ハッピーノリチャン
△4ファド、6ブラックバード
 飯豊特別2着(ハナ差)に続き、初風特別も0秒1差2着(0秒1差)とチャンスを逸しているタケショウベストだが、実力を疑う余地はない。とりわけ、初風特別は初めて経験した道悪馬場に身上の切れ味を殺されただけに、一層評価できる。その点、開幕週の馬場なら本領発揮は間違いなく、差し切りの公算大。強調材料はまだある。福島1200辰蓮2100>と、連対率10割を継続中の最高の舞台なのだ。ハンデ54舛眩枋蠧發世掘△舛腓辰班蕕韻襯掘璽鵑倭杼できない。当面の相手は、キョウワゼノビア。3走前に千万条件を快勝している実績の持ち主でもある。休み明けの分、割引は必要だが実力的に好勝負に持ち込みそう。

☆スケールの大きいアルモニカが、2連勝で栄冠を手にする
京都11R「ファンタジーS」芝1400
◎5アルモニカ
○10アマルフィコースト
▲6スズカフェラリー
△8コーディエライト、9ベルーガ
 本命に推したアルモニカは420舛両柄な牝馬だが、全身はバネの塊。真骨頂は新馬戦。番手マークから、最後は上り最速(34秒5)の差し脚を爆発させ、2着を0秒5突き放し子供扱いしているのだ。並みの馬に出来る芸当ではない。勝ちタイム1分22秒2(1400)も優秀だ。もう一点、直線に坂のある阪神から直線フラットな京都コースに替わるのもプラス材料だ。セールスポイントのスピードと切れ味に一段と磨きがかかるからだ。期待したい。相手は、アマルフィコースト。破竹の2連勝で中京2歳Sを制している格上の存在であり、好勝負必至。