映画『RAW〜少女のめざめ〜』生肉を食したベジタリアン少女の変貌と本性描く、青春ホラードラマ

写真拡大

映画『RAW〜少女のめざめ〜』が、2018年2月よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国の劇場で公開される。

生肉を初めて食したベジタリアン少女の変貌と本性描く、ダークな青春ドラマ

本作は、厳格なベジタリアン一家に育った少女・ジュスティーヌが、とあるきっかけで生肉を食して以来、次第にその本性を露わにしていくさまを描くダークな青春ホラードラマ。サイコホラー的要素と合わせて、一人の少女の成長物語としての一面を、リアルでダークな世界観で描き出した問題作。

ストーリー

厳格なベジタリアンの獣医一家に育った16歳の少女ジュスティーヌは、両親、姉と同じ獣医学校に入学する。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。

そんな中、新入生通過儀礼として生肉を食べることを強要されるが、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口にしてしまう。しかし、その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。以降、彼女の周りで猟奇的な事件が次々に起こるようになるのだった。

気鋭のフランス人女性監督、ジュリア・デュクルノーの長編デビュー作

メガホンを取ったジュリア・デュクルノーは、フランソワ・オゾン監督も通ったフランスの名門映画学校「ラ・フェミス」出身のフランス人女性監督。短編映画『Junior』でカンヌ国際映画祭のペティットレイル・ドールを受賞、そして長編監督デビュー作となる本作では、2016年カンヌ国際映画祭において批評家連盟賞を受賞するなど、一躍注目監督の仲間入りを果たした人物だ。

主演を務めるのは、デュクルノー監督の短編映画『Junior』で女優デビューを果たしたフランス人若手女優のギャランス・マリリエ。優等生だった1人の少女が、次第に猟奇的な人物に変貌していくさまを見事に演じている。

作品情報

映画『RAW〜少女のめざめ〜』
公開時期:2018年2月
監督・脚本:ジュリア・デュクルノー
出演:ギャランス・マリリエ、エラ・ルンプフ、ラバ・ナイト・ウフェラ
原題:『GRAVE』(英題『RAW』)
© 2016 Petit Film, Rouge International, FraKas Productions. ALL RIGHT RESERVED.


[写真付きで読む]映画『RAW〜少女のめざめ〜』生肉を食したベジタリアン少女の変貌と本性描く、青春ホラードラマ

外部サイト

  • アラン・ゴミス監督『わたしは、幸福(フェリシテ)』公開、絶望のアフリカ人女性が見つけ出す"幸福"とは
  • エス・テー・デュポン「オリエント急行殺人事件」限定コレクション、映画の華麗な様式をライターや筆記具に
  • 映画『8年越しの花嫁』佐藤健と土屋太鳳が、あるカップルに起きた奇跡の実話を熱演